※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオの減量をするには

まず、不要なファイルを消去します。大まかに言って、以下の拡張子のファイル以外は
基本的にCWの動作に不要な(CWでサポートされていない形式の)ファイルです。
(隠しファイルで気が付きにくい「Thumbs.db」に注意。
詳細は関連リンク内のQ&A記事を参照のこと。)
「*.wid」「*.wsm」「*.bmp」「*.jpg」「*.wav」「*.mid」「*.jpy」「*.txt」

ついで、実際にシナリオで使われていないファイルを撤去します。
エディタで確認を取りながら掃除していきましょう。
関連リンクの「SceChk」などのツールの検索結果も参考にするといいでしょう。
次いで、メニューカードの画像の設定についても確認しましょう。
エリアで用いられるカードの画像には、「<イメージ格納>」と「ファイル名指定」の2種類の設定があります。
前者を選ぶと、画像のデータがメニューカードに取り込まれます。
後者の場合、カードに画像データを取り込まないので同じ画像を多くのメニューカードにて使う場合にはかなりの容量削減が見込めます。
自分のシナリオでこういった減量が出来るかについても「SceChk」にて検索できます。ぜひ確認しましょう。
最後に、素材の減量を行います。
(素材の改変が許可されていることが前提です。「減量のための改変」を禁じている場合もありますので確認した上で行いましょう。)
bmpファイルの色数を減らす場合、「最適Bitmap」や「Padie」などのツールが便利です。
たいていの場合は256色までの範囲で問題なく使えるはずです。
(よく見落とされますが、キャストカード/アイテムカード/スキルカード/召喚中カード/情報カードの各カードに埋め込まれた
画像についても同様に減量出来ないかを確かめましょう。)
また、jpegファイルの圧縮も見直してみましょう。基本的に圧縮率を高くするほどサイズが小さくなりますが、
画質は悪くなるのでご注意を。
midiファイルも「SMFパック」などのツールで減量可能です。
さらにwaveについてもサウンドレコーダーで開いて保存する際にサンプリングレートを下げたりステレオをモノラルに変更したり、
「GSM 6.10」などの圧縮形式で保存しなおすことで音質と引き換えに軽量化が出来ます。適宜設定をいじって満足の行くものを探してみてください。
注意:圧縮形式は古いWindowsの場合に対応していないものもありますので、注意が必要です。

関連リンク