※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リセマラ

チュートリアルで父馬・母馬1頭ずつゲットすることができる。
ここで当たりの繁殖馬が出るまでトライすることになるが、どちらか一方でURが出ればよいだろう。
仔馬の能力は繁殖馬自身の能力よりも、父母の相性に大きく依存するからだ。
(注:初期URを狙うこと。★マークのついている馬は初期SR馬を レア強化※要リンク したものだ。)

取得した繁殖馬は調教パートナーに設定することができる(配合と違い回数制限なし)。

配合

UR、SR馬は貴重。調教施設のレベルが上がるまでは、良い産駒が産まれても強く育てられない。
重課金勢でなければ、序盤はUR馬SR馬は使わずに取っておいたほうがよいだろう。
配合理論


施設の強化

強い馬を生産・育成するためには、施設を強化する必要がある。

  • 観光施設による収入強化
序盤は施設建設・施設強化するためのお金(エーン)が足りなくなる。
まずは乗馬施設・観光施設を2個建てる&レベルを上げ、下地をつくろう。
※施設は取り壊しても後から復活可能。
建設施設

  • 施設レベル上げ優先度
優先度 施設概要 目標レベル
1 事務所 敷地を拡張&調教パートナー馬を増やす 6
2 各種調教施設 調教メニューが増える&調教効果がアップ 7
3 エサのレア度&獲得率がアップ 2
4 牧草地 放牧後の調子をアップ 5
5 診療所 故障率をダウン 特になし
6 馴致施設 幼駒の入厩時能力アップ 特になし
乗馬施設・観光施設 収入アップ 特になし


配合

施設レベルが上がるまでは、強い幼駒を生産しても、能力限界まで育成することが難しい。
そこで、ノーマルガチャで手に入るN馬をレア強化して、R馬同士で生産しよう。
うまく配合できれば重賞勝利もじゅうぶん可能だ。

下記のような馬の場合、温泉(コイン使用)などを駆使したり、高い施設レベルが必要なため、育成が難しい。
序盤で産まれたら、売却してしまってもよいかもしれない。
○早熟馬は能力の成長が止まるのが早い。
○体質B以下は疲労が溜まりやすい。
成長型


入厩時のパートナー選択について

○同じG1を勝利した馬を選択しよう。→ パートナー馬コンボの発生※要リンク
○なるべく初期レア度SR以上の馬を選択しよう。→ パートナー馬シナリオの発生※要リンク


調教

○伸びの大きい調教を選ぼう。
○なるべく併せ馬調教を選ぼう。まれにパートナー馬イベントが発生し、能力大幅アップするからだ。
育成


レース

【レース選択】
距離適性競馬場を参考に。

【騎手選択】
もったいないから騎手にDRコイン使わないこと。
影響度(=騎乗能力)の高い騎手を選ぶ。
なるべく同じ騎手に乗ってもらおう。初騎乗のデメリットがなくなるだけでなく、
乗るたびに騎手スキルのレベルが上がる。
騎手


以下は参考までにだが、
能力値がF超えたあたりで新馬戦〜500万下勝利可能なレベル。
能力値がE超えたあたりで条件戦〜オープン戦勝利可能なレベル。
能力値がD超えたあたりでG3勝利可能なレベル。
C超えたあたりでG2勝利可能なレベル。
G1からぐっとレベルが上がるが、メンバーと運次第では能力値Cくらいでも勝利の報告あり。








---------------コメント--------------
名前:
コメント:



- , - , -