※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》


龍装の悟り 天命 SR 光文明 (7)
クリーチャー:ドラゴンギルド/メタリカ 7500
ブロッカー
W・ブレイカー
相手の光以外のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1多くなる。
自分の光のクリーチャーと呪文は、召喚または唱えるコストが1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。
ヘブン・デ・エンドレーサ SR 光文明 (4)
呪文
相手のクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。


クリーチャー側はブロッカーW・ブレイカーに加え、相手にはコスト増加、自分にはコスト減少を持つ。
全体的に光デッキの構築を想定しており、逆に光以外のデッキには突き刺さる。また、コスト増加が相手と指定されていることもあって、光以外を加えても問題はない。また、自分へのコスト軽減の能力も持っているので、相手が光単色デッキをつかってきても全く腐ることはない。
メタリカかつドラゴンでもあるので、様々なサポートも受けられ、光のブロッカーなので、ヘブンズ・ゲートにも入る。

クリーチャー側も十分強いが、呪文側もかなり強力。光には少ない確定除去能力持ちであり、それをコスト4でできると言えば、その強さが分かるだろう。回収手段の乏しいシールドに送られるので、同コストで多色である《スーパー獄門スマッシュ》よりも強力であると言える。かの殿堂入り呪文《魂と記憶の盾》と比較しても、あちらより1コスト重く、相手のクリーチャーしか選べないものの、こちらは進化クリーチャーも対象なり、単色でもあるので、スペックはさほど負けていない。それほどのスペックの高さがありながら、ツインパクトなのだから、恐ろしい。

  • ロージアミラダンテでは十分採用圏内で、DMRP-05で既にチャンピオンシップでこれを入れた構築の4位以内入賞報告もされている。




関連カード


フレーバーテキスト

  • DMRP-05
    天命と向かい合いし時、己が運命を悟ることだろう。そう、天命は何度でも甦るのだ。

収録セット


参考