《解体屋ピーカプ》


解体屋ピーカプ C 火文明 (3)
クリーチャー:マシン・イーター 1000
スピードアタッカー

DM-05で登場したマシン・イーター
かつて赤単速攻必須カードとまで言われた最軽量スピードアタッカー
《襲撃者エグゼドライブ》《タイラーのライター》が登場してもその立場を譲らなかった。

長い間使用され続けたが、不死鳥編でついに上位互換である《早食王のリンパオ》《ブレイブハート・ドラグーン》が登場。
現在では、このどちらかと入れ替えてデッキから外されている事も。ただし、それらの持つ種族ダイナモを生かすようなデッキでなければほとんど性能の違いがないため、以前と全く変わらぬ感覚で使うことも可能。

単色ではないが、《無頼勇騎タイガ》という強力なライバルがDMD-01で登場している。


  • 漫画「デュエル・マスターズ」では切札 勝舞が使用している。

  • ちなみにこのクリーチャーの名前はラフ画に書かれたものがそのまま使用されたとのこと。

サイクル


関連カード


フレーバーテキスト

  • DM-05DMC-23DMC-42
    「あっとゆう間に、バーラバラのボッコボコ」――解体屋ピーカプ
  • DM-18
    通り過ぎた後には鉄くずすら残らない。

収録セット


参考