《天恵の精霊アステリア》


天恵の精霊アステリア R 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 6000
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
ターンのはじめにカードを引く時以外に、相手がカードを引いた時、同じ枚数のカードを引く。

DM-13で登場したエンジェル・コマンド
相手がターンのはじめ以外にドローした時、それと同じだけドローする。

ドローを多用するデッキに対してドローを躊躇させられるほか、《サイバー・N・ワールド》などの相手にも強制的にドローをさせてしまうカードで、自分だけ多くドローするといった使い方も出来る。

比較的軽いエンジェル・コマンドなので進化元として使うことも可能。
登場当時はまだ軽いエンジェル・コマンドが多くなかったので、類似スペック《青嵐の精霊バルキア》とはスペースを争っていた。

それなりのパワーではあるものの、《火炎流星弾》《威牙の幻ハンゾウ》などに狙ったように破壊されてしまうので、相手依存な能力も相まって《青嵐の精霊バルキア》に比べるとやや安定性に欠ける(もっとも、上記のカードを使うようなデッキ相手ではドロー能力自体が腐ることも多いが)。
無論そちらの完全上位互換である《我牙の精霊 HEIKE・XX》とは比べるまでも無い。

それでも、大量ドローの可能性を秘めたブロッカーは中々貴重。他の5コストエンジェル・コマンドブロッカーとは、デッキ環境に合わせて使い分けたい。
あと500パワーがあれば評価は大きく変わっていただろうが、当時のカードにそこまでのカードパワーを求めるのは酷か。






関連カード


収録セット


参考