《エナジー・ライト》


エナジー・ライト C 水文明 (3)
呪文
カードを2枚引く。

DM-06で登場したの基本的なドロー呪文
単純ながら、確実に手札を増やすことができる。

序盤は《フェアリー・ライフ》などのマナブーストによって減った手札を補ったり、プレイングの選択肢が広がる中盤以降に向けて手札を増やしておきたいタイミングである。そんな時に手軽に唱えられるこの呪文は重宝される。

4マナカードと相性が良い。《解体人形ジェニー》《パクリオ》などを手札に引き込んで、次のカードに繋げやすくなる効果もある。

だが、《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》を使うデッキならば2→4の動きが軸となるため、《ドンドン吸い込むナウ》《フォーチュン・スロット》などのカードも視野に入る。自分のデッキにあったものを選ぶといいだろう。

ドロー以外のテキストが無いカードの中では《ガード・グリップ》に次ぎ軽量。癖がなく扱いやすいため、文明を使ったありとあらゆるデッキに入る可能性がある。

3コスト域では《クゥリャン》などとよく比較され、ドロー呪文としては《トリプル・ブレイン》《爆進エナジー・スパイラル》などと迷うところ。白青黒デッキならば《コアクアンのおつかい》という選択肢もある。

これらのカードデッキコンセプトや他のカードとのシナジーに沿うように考慮して選択することは非常に重要。ちなみに殿堂入りカードを除いた単純なドロー呪文のうち、「ドロー数対コスト」で最も効率がいいのはこのカードである。(ただし、ハンドアドバンテージを得ることができない《ガード・グリップ》は除く)

代表的な基本カードの1つであり、デュエル・マスターズを楽しむ上で、たくさん持っておきたいカードの代表格。





  • DMC-50版のテキストは「カードを2枚「まで」引く。」となっているが、1枚だけ引く、引かないという選択はできない。2009年4月30日に誤植のエラッタが出された。


  • 背景ストーリーによると、この光を浴びたものは豊富な知識を得るらしい。「知識=ゲーム中の手札」と考えていいだろう。

  • DMR-18で新規イラストで収録。登場してから長く経つカードだが、プロモを除き新規イラストで登場するのはこれが初めて。

関連カード


フレーバーテキスト


収録セット


参考