秩序や法、精神を表す、デュエル・マスターズの五大文明の一つ。
天空世界に存在する、高度なテクノロジーを持っているクリーチャーたちの軍団であり、秩序を乱す他者を徹底的に排除する文明である。
既に肉体を捨てて概念的存在になっているため、抽象的な姿をしたクリーチャーが多い。

ゲームデザインとしては、ブロッカーの多さやクリーチャーのタップアンタップなどが特徴。
自分のクリーチャー全体をパンプアップすることも得意であり、これらによって統率の取れた強固な軍団を築く。

また、攻撃制限を無効化したり、逆に相手の攻撃や呪文の使用をロックすることも光の得意な分野である。これは法を信奉する者として「ルールの制定・変更」を担っているからであると思われる。

防御に非常に長けている反面、相手のクリーチャーを直接破壊する手段に乏しい。通常はタップ&デストロイ戦術を取るほかなく、その点で他の文明との差別化が図られている。
そのためか、《予言者クルト》など他の文明のクリーチャーよりも少しパワーが高いクリーチャーが一部に存在する。
また、破壊手段が少ないためにブロックされない、攻撃されないといった能力には弱いため光文明を中心にデッキを構築するならば、この弱点を意識したうえで構築したい。



  • 超次元呪文自然と並んで平凡である。サイキック・クリーチャーもトリッキーであり、デッキのコンセプト(例:相手にロックをかけるデッキ、ヘブンズ・ゲートのような元々大量のブロッカーを召喚するデッキなど)に応じて使い分ける必要がある。

  • 精神の重要性を理解し、思慮ある行動を取れるとは相性が良い。
  • 法を守り、世界との調和を目指す自然とは相性が良い。
  • 精神をないがしろにし、ひたすらに利己を追究するとは相性が悪い。
  • 法を守らず、直情的に動いて混沌状態を生み出すとは相性が悪い。



光文明の種族


参考