火力


一定のパワー以下のクリーチャー破壊する除去効果の俗称。文明に多く見られる。
呪文による効果のみならず、クリーチャーcip能力などによるものも含まれる。

火力は、対象の取り方によって概ね以下の4種類に大別できる。
  • 単体火力:パワー○○以下のクリーチャーを1体破壊する。
  • 複数火力:パワー○○以下のクリーチャーを○体まで破壊する。
  • 全体火力:パワー○○以下のクリーチャーを全て破壊する。
  • 割り振り火力:パワーの合計が○○以下になるように好きな数選び、破壊する。
パワーではなくコストを参照するものも存在する。また、特定のクリーチャーが持つパワーコスト)以下を破壊するというものもある。

単体火力
クリムゾン・ハンマー C 火文明 (2)
呪文
相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体選び、破壊する。

フレイムバーン・ドラゴン P 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体、破壊してもよい。

全体火力
サウザンド・スピア R 火文明 (6)
呪文
パワー4000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

割り振り火力
地獄万力 R 火文明 (7)
呪文
相手のクリーチャーを、パワーの合計が8000以下になるように好きな数選び、破壊する。

単体火力(コスト)
鳳皇 マッハギア P 火文明 (4)
進化クリーチャー:ファイアー・バード炎 6000
進化-自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のコスト4以下のクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー

単体火力(特定カードのパワーから)
ブーストグレンオー UC 火文明 (5)
サイキック・クリーチャー:フレイム・モンスター/ハンター 3000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手の、このクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーを1体破壊する。

指定されたパワーなどを入れて「○○火力」ということもある。
例えば《クリムゾン・ハンマー》は「2000火力」、《サウザンド・スピア》は「全体4000火力」など。

全体火力はアンタッチャブルも破壊できるが、自分のクリーチャーも巻き込まれることがあるので注意。








  • デュエルマスターズには元となったMagic:The Gatheringと違って「ダメージ」という概念がないので、例えばパワー4000のクリーチャーに2000火力を2発打ち込んで破壊する、などということはできない。このような状態では火力よりもパワー低下が有位にあると言える。ただ破壊できる範囲が広がるため、パワー低下自体との相性はいい。

火力カードの例








参考