《グラディアン・レッド・ドラゴン》


グラディアン・レッド・ドラゴン SR 火文明 (10)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 15000
T・ブレイカー

DM-05で登場したアーマード・ドラゴン
これぞファッティといった単純明快な巨大なパワーT・ブレイカーのみを持つ。

登場した時点であらゆるクリーチャーの中で最大のパワーを誇り、闘魂編から聖拳編までこのクリーチャーを超えるパワーの持ち主は登場しなかった。

DM-15《聖霊王アルファディオス》の登場で、ようやく最高パワークリーチャーの座を明け渡す。
それでもDM-28まで非進化クリーチャー最高パワーであったが、《緑神龍ディルガベジーダ》の出現で非進化クリーチャー最高パワーの座からも引きずり降ろされた。
ドラゴンにはコスト踏み倒しを可能にするサポートカードが数多く存在しているため、それらで呼び出す代表格として使われていた時期もある。

現在ではいくら高パワーと言っても単純な準バニラが活躍するのは難しいため、それらで呼び出すなら大抵は、他に強力な能力も持ち合わせたファッティが選ばれる。


また、単純にコストパフォーマンスでこれを上回る《黒神龍ベルザローグ》や、戦闘時のみだがまったく同じ能力を持つ上にコストが2少ない《ネオ・ボルシャック・ドラゴン》といったカードも存在している。
基礎パワーの差が気にならなければ、大抵は上で上げたクリーチャーの方が活躍してくれるだろう。

とはいえ、このクリーチャーが達成したパワー15000は非常にインパクトがあり、この数字の大きさにロマンを感じたプレイヤーもそれなりに存在した。これは現在に至るまで巨大クリーチャーの1つの指標となっており、そういう意味ではかなりの影響力を持っていたとも言える。

クリーチャーの魅力は、必ずしもスペックの優秀さだけで決まる訳ではないことを教えてくれるカードである。





フレーバーテキスト

  • DM-05
    封印されしドラゴンが覚醒した時、滅びの声が世界に轟く!
  • DMX-19
    巨大な龍の歴史はここから始まった。ありとあらゆる巨大な龍のルーツはここにある。今は、すでにその老いた体では前線に立つことはままならないが、その功績は敬意を集め続けている。

収録セット


参考