破壊や感情、自由を表すデュエル・マスターズの五大文明の一つ。
南海にある火山に生息するクリーチャーたちの軍団であり、情熱のままに動く仲間意識の強い文明である。
前時代的な機械技術が発達しており、銃や剣などで武装しているクリーチャーが多い。

実際のゲームでは、スピードアタッカー火力などが特徴的である。
非常に攻撃的な色であり、パワーアタッカースーサイドウィニーが全文明で最も多い。そのため、速攻ビートダウンの中心になる。

敵、味方を問わず何かを破壊するカードが多く、全体除去が可能なカードが多い。また、タップされていないクリーチャーを攻撃できるのも基本的にこの文明だけの特権である。

ただし、瞬間的な破壊や強化に長けている反面、ドローがほとんど存在しないなど、長期的なアドバンテージを取るのが非常に苦手である。近年ではドローできるカードが増えているが、予め持っている手札を捨てなければ引くことはできない。
マナ回収墓地回収は苦手な傾向。その上汎用的なcipクリーチャーも少ない。単色のブロッカーは一枚も存在しないが、ガードマンを持つ文明である。
コントロールデッキを作る時は他の色の力を借りよう。

「混沌」を司る文明ということで、トップデックをめくって能力の成否を決めたり、エクストラターンを得たりするなど、一風変わった効果を持つカードも多い。
また、武器を扱う文明ということで、クロスギアのサポートカードが豊富。

  • 数値を参照するサイクルでは他の文明より一歩劣ることが多い。これも上記のカードアドバンテージを取るのが下手という点が大きく影響している。

  • クリーチャーのサーチも得意とするが、そのほとんどに種族の縛りがあるのが特徴。特にドラゴン限定のサーチが多い。


  • ブロッカー破壊以外では専ら火力による除去が主流で、当然ながらカードが重くなるほど破壊できる範囲も広がる。だが、火力で除去するという事は、裏を返せば除去できる範囲が決まっているという事でもあるため、他の文明と比べて大型クリーチャーを破壊しづらかったりと融通が利かないこともある。そのため、除去が得意な文明かと言われると一概には言えない。ただし割り振り火力であったり、全体火力であったりと小型クリーチャーの一掃は得意である。




  • 超次元呪文は軽量から重量まであり、軽いサイキック・クリーチャーをすばやく展開するか、大量展開するか、重いサイキック・クリーチャーを呼び出すかなど、柔軟な選択が出来る。サイキック・クリーチャーも軽量で粒ぞろいなカードから重量級のパワフルなカードやトリッキーなカードまで揃っている。


  • 自由に自己の利益を追求し、他者を破壊する事をためらわないとは相性が良い。
  • 感情の重要さを理解し、本能を尊重する自然とは相性が良い。
  • 自由を制限し、ルールを愚直に信奉するとは相性が悪い。
  • 感情を評価せず、思考ばかりで行動を起こさないとは相性が悪い。


火文明の種族


参考