ミラーマッチ


同系デッキ同士でデュエルすること。「同系戦」ともいう。

鏡に映った自分と対峙するようなイメージからきたものと思われる。

単純にデッキ文明色が同じというだけであったり、同じカードが積まれているだけならミラーマッチとは呼ばない。
同じ文明でかつコンセプトが同じ(例えば除去コントロールデッキ vs 除去コントロールデッキ)場合にミラーマッチと言う。

公式大会公認大会では主流のデッキが固まりやすいため、メタデッキ同士のミラーマッチがたびたび発生する。メタデッキコピーデッキの対象にされやすいことが理由である。

そのため、赤単赤緑《スーパー炎獄スクラッパー》《めった切り・スクラッパー》を積むなど、大会で勝ち上がるにはミラーマッチになった場合の対策も必要である。

ミラーマッチがどの程度発生するのかは環境によるので、大会で勝ちたいならば最新の情報を集め、適切なデッキビルディングを心掛けたい。


  • フェニックスなど、強力だが召喚に手間のかかるカードを切札にしたデッキの場合、脇を固めるカードの構成が似たり寄ったりになることがしばしばある。この場合もミラーマッチと言える。

参考