基本セット


NEXT:闘魂編

デュエル・マスターズ最初のシリーズ。
最初期ということでドローが不当に軽視されているなどゲームバランス的に不安定なカードが多いが、この時点でブロッカーS・トリガー進化クリーチャーなどの駆け引きの中心となるシステムは既に完成していた。
今現在になっても使われているような必須系カードも多い。

このシリーズに当てはまるエキスパンションは、

デュエル・マスターズ最古の弾であり、基本となる様々なシステムが誕生した
今後、目玉システムとなる進化クリーチャーが誕生し、高い人気を保った
より様々なゾーンに関与できるカードが登場、同時に単色デッキの強化を推進した
VSの対立を軸に強力カードを多く収録した
新たな種族システム「サバイバー」と、より大きな破壊力を持ったT・ブレイカーが生まれた

の5つ。

当初は、開発社Wizards of the Coast的にもデュエル・マスターズは実験的商品の意味合いが強く、DM-03までの企画しか練っていなかったが、予想に反した反響を得たため追加のエキスパンション制作に踏み切った。
この基本セットの5つが全て発売された頃には、デュエル・マスターズはメジャーなカードゲームの一つとして市場に受け入れられていく。

  • 現在は全てが絶版になっており、再録以外でこれらに含まれているカードを入手することはやや困難である。



  • この後のシリーズのように「~編」という名称が与えられているわけでもないので、シリーズというより5つを独立した弾として見る見方も多い。

参考