タップイン


カードタップ状態でバトルゾーンまたはマナゾーンに置かれること。
次のようなときに起こる。

全ての多色カードは「このカードはタップしてマナゾーンに置かれる」というデメリットを持っている。多色カードは1枚で複数の文明マナを出し分けられるメリットがあるため、この能力によってバランスを取っている。

相手にタップインを要求する能力は非常に強力である。
マナカードのタップインは相手のマナの使用を1ターン遅らせ、疑似的なランデスのように働く。《停滞の影タイム・トリッパー》《勝利のリュウセイ・カイザー》が有名であり、テンポアドバンテージを奪うのに役立つ。

クリーチャーのタップインも非常に強力である。スピードアタッカーブロッカーがそのメリットを打ち消されるだけでなく、次のターンでの殴り返しを許してしまう。結果、クリーチャーを出してもすぐに破壊されることになり、戦線の維持が困難となる。

pig持ちのリクルーターや大量展開は、クリーチャーをタップインする能力持ちに対する返しとなる。タップイン能力持ちを出された後にこのようにクリーチャーを出せば、相手のタップキルが間に合わなくなってそのままとどめまで持って行けることもある。
侵略ZEROリベンジ・チャンスといったエンドステップでのコスト踏み倒しも返しとしては優れており、この場合はアタックステップが終わった後のタイミングでバトルゾーンに出るため、ルール上タップキルをそのターン中にもう行うことはできない。


数は少ないものの、自身をタップインさせるクリーチャーも存在する。《緊縛の影バインド・シャドウ》のようにデメリットととして扱われるものもあれば、《星龍グレイテスト・アース》《黒神龍オドル・ニードル》のように自身の能力をサポートするためのものもある。

いずれにせよ基本的なルールに干渉するものなので、タップインが戦局に与える影響は決して少なくないと言えるだろう。









参考