プレイヤー


プレイをする人。

カードテキストでは、その試合に参加している人を指す。
デュエル・マスターズでは、通常2人のプレイヤーでゲームを行う。

デュエル・マスターズでは、ジャンケンに勝ったプレイヤーを先攻としてゲームを始める。
自分のクリーチャーで相手プレイヤーを攻撃し、まず、相手シールドブレイクする。その後、シールドが1枚もない状態で相手プレイヤーを直接攻撃することができれば勝利となる。

なお、基礎中の基礎だが「このクリーチャーはプレイヤーを攻撃できない」とテキストに書かれたクリーチャーは、 直接攻撃だけでなくシールドブレイクもできない という事である。ゲームに慣れてくると当たり前のルールとして違和感を感じないが、デュエル・マスターズを始めたばかりの初心者は意外と勘違いしやすいので注意したい。(よくあるルールの勘違い)

また、これも基礎だが「各プレイヤー」と言われた場合、それは「敵味方問わず= 相手も自分も含めた、そのゲームに参加している全てのプレイヤー 」を指す。

非公式用語だが、アクティブ・プレイヤー、ノンアクティブ・プレイヤーという用語も存在する。これはそれぞれ「ターンを進行しているプレイヤー」「ターンを進行していないプレイヤー」という意味であり、能力解決に関わる。

全てのプレイヤーは1人の人間である以上、ゲーム中はルールとマナーをしっかり守るべきである。お互いに気持ちよくデュエルを楽しめるよう努めたい。

  • カジュアル戦であれば、3人以上のプレイヤーで多人数戦を行うこともできる。ただし、全体除去の範囲や集中攻撃の是非など、細かいルールについてはあらかじめ確認しておきたい。


  • カードテキストに書かれている「自分」は「そのカードの持ち主」、「相手」は「そのカードの持ち主で無いプレイヤー」を指す。なお、「自身の」とは「そのプレイヤーの」という意味なので混同しないようにしたい。



参考