《戦攻竜騎ドルボラン》


戦攻竜騎ドルボラン SR 水/火文明 (8)
クリーチャー:アースイーター/アーマード・ドラゴン 6000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。その後、バトルゾーンにあるパワーが6000より大きい相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
W・ブレイカー

DM-24で登場したアースイーター/アーマード・ドラゴン
cipバウンス除去を同時にこなせるクリーチャー
8コストにしてはややパワーが低いが、召喚時に得られるフィールドアドバンテージが非常に大きく、W・ブレイカーも持つため、アタッカーとしての性能は申し分ない。

6000以下火力は射程がそこそこ広く、《勝利のリュウセイ・カイザー》などの文明除去カードでは破壊しづらいサイズクリーチャーを処理できる。

バウンス能力《偽りの王 ナンバーナイン》《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》など、メジャーな大型クリーチャーを処理できるのが優秀。

どちらか片方の能力しか使用できない局面でも、場に自身の大型クリーチャーを残しながらの除去という行動自体が強力なため、積極的に召喚を狙っていくといいだろう。

  • バウンス効果は「パワーが6000より大きいクリーチャー」なので、パワー6000ちょうどのクリーチャーは戻せない。間違えやすいので注意。


  • 漫画「FE」では白凰(正確にはホワイト)戦でベルベルが切り札として使用。効果を使った時点で白凰のシールドは0になっており、「勝利!感極まる!」と言っているが、返しのターン《インフェルノ・ゲート》から大量展開され、一気に敗北してしまう。

関連カード


フレーバーテキスト


収録セット


参考