ゲームオリジナルカード


ゲーム中にのみ存在するカードのこと。

デュエル・マスターズはタカラトミーがバックについているので、多くのゲームが発売されている。
ゲーム中のみに存在するオリジナルカードも多々あり、DM-22アポロニア・ドラゴンポセイディア・ドラゴンが登場するより以前にドラゴンが登場していたり、ランダムで効果を発動するゲームならではのカードが存在したりする。

また《ガルベリアス・ドラゴン》はゲームオリジナルカードだが、コロコロコミックのプロモーションカードとして実際に紙のカードが作られた。ただし裏面の色が違い、大会などでは使用できない使用禁止カードである。
それから12年もの時を経て、DMX-22に大会などでも使用できるカードとして再登場を果たした。

《神楽妖精パルティア》《エンペラー・アロエラ》のように堅実な能力を持つものならDMX-22のようにカード化されるかもしれない。
一方《石臼男》《沈黙の使徒カザミラ》のように実際のゲーム性を損なってしまいそうなものや、《ハリケーン・フィッシュ》《爛漫妖精フリップル》のようにランダムな性質を持つものは現実でカード化されることは厳しいだろう。


  • 2012年、タカラトミーがコンピューターゲーム業界から撤退することを発表した。よって、今後デュエル・マスターズの家庭用ゲーム機対応ゲーム及びゲームオリジナルカードが登場することは無いと思われる。


リスト


「GBA デュエル・マスターズ」

「ゲームキューブ デュエル・マスターズ 熱闘!バトルアリーナ」

DM-04までのカードすべて。
ゲームオリジナルカードはなし。

「GBA デュエル・マスターズ2 インビンシブル・アドバンス」

DM-06までのカードすべて。


「GBA デュエル・マスターズ2 切札 勝舞Ver.」

通常版に以下の1枚が追加。


「GBA デュエル・マスターズ3」

闘魂編のカード全てとそれ以前のカードの一部を収録。
カードプールは比較的多い。
前作のゲームオリジナルカードもすべて収録。


「PS2 デュエル・マスターズ -邪封超龍転生-」

闘魂編から聖拳編DM-12までのカードすべてと、それ以前のカードの一部。
ゲームオリジナルカードは以下の5枚のみ。



参考