DM-26 「極神編 第3弾 超絶VS究極(ドラゴニック・ウォーズ)」



極神編3つ目のエキスパンション。2007年12月22日発売。全60種(アルトアートシークレットカード+3種類)。現在は絶版
神(ゴッド)」「悪(デーモン・コマンド)」「R(レインボー)」「龍(ドラゴン)」の4つの勢力の対決がテーマ。

収録カード60種類のうち、8枚の単色カード以外は全て多色という大胆な作りであり、当然多色カードの比率は全エキスパンション中トップ。
まさに多色化の極致と言える内容。全体的に友好色よりは敵対色のカードが多い。

有名なカードとして、
などがある。

《悪魔神バロム・エンペラー》《ボルシャック・大和・ドラゴン》などの、かつての主役級クリーチャー達を使い易くしたリメイク版カードや、史上初のスーパーレアゴッドゼン&アク」など多数の強力カードを収録。また、左右それぞれ2種の組合せ(G・リンク)が可能な4色ゴッドが登場。基本的にスペックが高い多色カードがほとんどを占めることもあり、かなり強力な構成になっている。

そのような収録内容の本弾でも、単色デッキの存在そのものを否定する能力を持った《聖鎧亜キング・アルカディアス》のスペックは大きく抜き出たもので、後に殿堂入りを経てプレミアム殿堂入りを果たすまでの間、環境に多大な影響を及ぼし続けた。

それら以外のコモンアンコモンにも、様々なデッキで使われる汎用性の高いカードが多く、今後もいろいろなデッキでこのエキスパンションのカードを見かける事になるだろう。

  • 前年同時期の製品対比250%の売り上げで、05年末の映画公開時期のピーク時期に並んだ弾である。多色シリーズは相変わらず人気が高い。

  • 製作者の遊び心満載のネーミングの多色呪文もいくつか登場。




収録カード

スーパーレア 5種類


ベリーレア 5種類


レア 15種類


アンコモン 15種類


コモン 20種類



参考