《鎧亜の剣邪ミストジアス》


鎧亜の剣邪ミストジアス  R 光/水/闇文明 (6)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー 4000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
多色呪文が唱えられた時、または、他の多色のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

DM-26で登場した//ロスト・クルセイダー
能力カード名フレーバーテキストと、明らかに《雷鳴の守護者ミスト・リエス》を意識している多色システムクリーチャー
このクリーチャードローの糧とするのは多色の呪文クリーチャー両方。もちろん相手のものも含む。クロスギアでは能力が誘発しない。

《雷鳴の守護者ミスト・リエス》並みの活躍ができるかといえはそうではない。
多色カードを大量に搭載したデッキでなければ十分なドローは見込めず、さらに3つの文明がなければ使用できないという欠点を抱えているのである。潤滑油であるドローソース自身が重い3色というのも痛い。
《深塊機士ガニスター》《深塊炎霊ロミュナス》を用いることでコストの高さはカバーできるが、能力が誘発する条件がやや厳しいため、合計ドロー枚数は《雷鳴の守護者ミスト・リエス》に及ばないだろう。《雷鳴の守護者ミスト・リエス》の殿堂解除が決定し更に立場がなくなった。

ただし、除去カードが環境でも増えたことからパワー2000の違いが大きく出る場合もあり、多色カードを大量に積んだデッキにおいては採用を検討してもいいだろう。安心できるほどの高パワーでもないが。

  • 呪文を使用した場合でもドローできるのは《雷鳴の守護者ミスト・リエス》には無い利点だが、DM-28《氷牙レオポル・ディーネ公》が登場したため、こちらだけに着目した使い方では《氷牙レオポル・ディーネ公》にも劣ってしまう。クリーチャーと呪文、どちらでもドローできるところに着目したい。


  • カティノカードにまでしてる所をみると開発側は相当実用性を考慮したのだろう。

関連カード


フレーバーテキスト

  • DM-26
    雷鳴より現れた神のしもべが、さらなる混沌を呼ぶ。

収録セット


参考