ハンター(種族)


DMX-01で初登場し、DMR-01から本格的に登場した特殊種族
エイリアンによって付けられた傷跡が発光しているのが特徴。

対となるエイリアンスペース・チャージなどで文明を参照することが多いのに対して、こちらは他のハンター、特に同色のハンターとシナジーを形成しやすく、また味方の数だけ強化されるハンティングを持つものもいる。

名前に関する法則はなく、普段通りの各種族に沿った命名ルールを用いている。ただし、冠詞が《大勇者》→《大番長》、《大昆虫》→《大魂蟲》等と、若干熱血分が加わったものになっている。
ただしそれもDMR-01までの話で、以降のストロング・メタル・デッキDMR-02から収録されたハンターは、各種族命名ルールを完全に無視している。命名ルールを破るのがルールということだろう。
顕著な例としては《暴れ馬「黒皇号」》《GENJI・ボーイ》などがある。

同時に登場したエイリアンにもある程度は言えることであるが、エイリアンを持つハンターの名前には「鬼」という単語が入ることが多い。

アクア・アタック R 水文明 (6)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ハンター 6000
ハンティング(バトル中、このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある自分のハンター1体につき+1000される)
自分のハンターがバトルに勝った時、自分の山札の上から2枚を見てもよい。そうした場合、そのうちの1枚を自分の手札に加え、もう1枚を山札の一番下に置く。
W・ブレイカー

  • エイリアンと対決する種族がハンターなのは、エイリアンたちの外見が映画の「エイリアン」に登場したエイリアンに似ていることを考えると、その「エイリアン」と対決したこともある「プレデター」と呼ばれる狩猟民族のキャラクターが元ネタであろうか。


  • 背景ストーリーでエイリアンと和解した後は両方を併せ持つクリーチャーが多数登場した。

    • 《超絶奇跡 鬼羅丸》が、消滅した際に世界に残した力を受け継いだのがアウトレイジ。体の一部を武器化して戦う彼らの姿はさながら体から武器を生み出して戦うハンターのようであった。また、アウトレイジもまた、思想の違いから敵対していたオラクルと、最後には相互理解に至っている。



一部のサポートカードには「ハンター・クリーチャー」の表記があるが、クリーチャー以外のハンターは未だに登場していない。そのため、そちらと「ハンター」での表記は今の所違いがない。

関連カード

ハンターに関連する効果を持つカード





ハンターの進化


参考



ハンター(デッキ)


ハンターをサポートする能力を使ってコスト踏み倒しなどを行うデッキの総称。

ハンター種族デッキと言えばロマノフリボーンGF隊カイザー「刃鬼」などが有名だが、それ以外にも多種多様なデッキを組むことができる。

以下にハンターのデッキで使われることが多いカードをまとめる。

フィニッシャー候補

《光神龍オメガ・アルティメット》 ハンターのクルー・ブレイカー(→光ハンター
《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》 限定のアンタッチャブルcip攻撃ブロック時に2体タップ(→ヘブンズ・ゲート
《光器セイント・マリア》 のハンターをアンタップしてシールド追加(→ヘブンズ・ゲート
《ガンリキ・インディゴ・カイザー》 相手がカードを使うと、そのターン中の攻撃ブロックを禁止
《狼虎サンダー・ブレード》 cip確定除去
《猛虎ライガー・ブレード》 cipウィニーサイキック・クリーチャー破壊
《暗黒GUY・ゼロ・ロマノフ》 攻撃時に呪文を踏み倒す(→ロマノフリボーン
《悪魔神バロム・ハンター》 cipでハンター以外を全て破壊
《永遠のリュウセイ・カイザー》 タップイン能力を持つ大型マッドネス
《熱血ボス!バルス・カイザー》 ハンターの攻撃時にコスト踏み倒し(→バルス・カイザー
《闘魂!紫電・ドラゴン》 W・ブレイカーで2回攻撃
GF隊 バトルに勝つと手札から出せる
《獣鬼装甲トラマルGGG》 攻撃時にガチンコ・ジャッジし、勝敗に応じたコスト踏み倒し
《大魂蟲オオ・ヘラクレス》 攻撃時にマナゾーンからハンターを出す(→オオ・ヘラクレス
《仁義なき戦争 鬼流院 刃》 攻撃時に手札から8マナ以下を出す
《若頭 鬼流院 刃》 cipマナゾーンから自然のハンターを好きなだけ出す
《桜舞う師匠》 攻撃時にガードマン手札から出す(→ガードマン
《無双竜機フォーエバー・メテオ》 バトルに勝つと連鎖的に強制バトル
《黄金龍 鬼丸「王牙」》 召喚時に全体除去
《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》 召喚時にガチンコ・ジャッジ。勝った数だけハンターを出す(→カイザー「刃鬼」

サポートの候補

《光器ララバイ》 のハンターが出ると敵獣をタップ
《光器ペトローバ》 選んだ種族パワーを+4000
《アクア・ジェット》 cipでハンターの数だけドロー
《ミラクル・リ・ボーン》 7マナ以下のハンターをリアニメイト
《ゾンビ・カーニバル》 同じ種族を3枚サルベージ
《爆走鬼娘モエル・ゴー》 cipでハンターを出す
《鬼の襲撃 モエル》 pigで8マナ以下のハンターをリクルート
《狩人秘伝ハンター・ファイア》 ハンターと強制バトルさせるアタック・チャンス呪文
《反撃の城 ギャラクシー・ファルコン》 ハンターをスピードアタッカー
《スーパー・ゴーオン・ピッピー》 ドラゴンのハンターをスピードアタッカー
《GENJI・ボーイ》 ハンターの攻撃時にブロッカー破壊
《必殺!オレの爆炎!!》 ハンターが並んでいると全体除去
《狩猟のガイア・エッグ》 ターンのはじめに山札の上からハンターを出せる
《ドラゴンフレンド・カチュア》 cip山札からドラゴンのハンターを撃ち出す
《永遠のプリンプリン》 ハンターをエイリアン
《好奇心 プリンセスプリン》 自分のクリーチャーをハンターとエイリアンにする
《番長大号令》 ハンターをサーチ
《マザー・エイリアン》 ハンターがモヤシ化、ブロックされなくなる
《希望のファンクラップソディ》 ハンターが破壊されると同名カードを出せる
《偽りの名 ゾルゲ》 クリーチャーが出すと強制バトルさせられる
《王牙秘伝ゴールデン・ビクトリー》 山札の上からハンターとエイリアンを出す

ハンターのサイキック・クリーチャー

《ガイアール・カイザー》 5マナで出せるスピードアタッカー
《ブーストグレンオー》 cipで2500火力
《勝利のガイアール・カイザー》 アンタップキラースピードアタッカー
《勝利のリュウセイ・カイザー》 相手のマナタップイン
《勝利のプリンプリン》 cipで敵獣1体の攻撃ブロックを封じる
《紅蓮の怒 鬼流院 刃》 ハンターがバトルに勝つとコスト踏み倒し
《ヴォルグ・サンダー》 cip墓地肥やし山札破壊
《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》 攻撃されない置きドロー
《光器セイント・アヴェ・マリア》 ターン終了時にハンターをアンタップ
《魂の大番長「四つ牙」》 ターンのはじめにマナブースト

ハンターは非常に層が厚く、プレイヤーの好みや環境に合わせて様々なデッキを組む事ができる。以下に各文明の特徴を挙げるので参考にされたし。



超次元呪文からは《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》を出せるので、これを戦略に組み込むのも有効。また、定番の《光器ペトローバ》も当然使用可能。



また、《狼虎サンダー・ブレード》《猛虎ライガー・ブレード》など、大型には強力な除去能力を持つものが多い。

《永遠のリュウセイ・カイザー》GF隊をはじめとしたフィニッシャーが非常に充実している。

また、サポートが非常に豊富。《反撃の城 ギャラクシー・ファルコン》によるスピードアタッカー付与《爆走鬼娘モエル・ゴー》によるサーチ《狩人秘伝ハンター・ファイア》による強制バトルなどが可能。戦略を円滑を進めるのに役立つ。《鬼の襲撃 モエル》によるコスト踏み倒しも可能。

自然

コスト踏み倒しの手段が多い。マナゾーンからまとめて出せる《若頭 鬼流院 刃》攻撃時に手札から踏み倒す《仁義なき戦争 鬼流院 刃》攻撃時にマナゾーンから踏み倒す《大魂蟲オオ・ヘラクレス》が代表的。

サイキック・クリーチャーにはハンターがバトルに勝つとマナゾーンまたは超次元ゾーンから踏み倒す《紅蓮の怒 鬼流院 刃》がいる。

《桜舞う師匠》を使いガードマン軸で組むことも出来る。攻撃する時に《武器阿修羅の大猿》などを踏み倒せるので、と組んでスピードアタッカーにしてやるといいだろう。

無色

各種ゼニスと、専用アタック・チャンス呪文が存在する。いずれも出せれば勝利に直結する強烈なカードパワーを持っているので、しっかりとマナブーストを行うことで強靭なデッキタイプに仕上げることができる。



参考



ハンター(能力)


ゲームオリジナル能力。

ハンターを持つクリーチャーは指定された種族のクリーチャーとのバトルに負けても墓地に置かれず、ハンターを持つクリーチャーとバトルしたその種族のクリーチャーはバトルの後墓地におかれる。

要するに、指定された種族のクリーチャーを無傷で破壊できる効果である。しかし文明限定でもキツい相手依存の能力が種族限定になってしまうと、デュエルで生かせる局面がほとんど存在しない。能力は0コスト換算のようだが、妥当なところである。

  • ハンターは、ガーディアン(光)→ヒューマノイド(火)→リキッド・ピープル(水)→ビーストフォーク(自然)→ゴースト(闇)→ガーディアン(光)…と一回りするようにデザインされている。

ハンターを持つクリーチャー



ハンター(キャラクター)


漫画及びアニメ「(新章)デュエル・マスターズ」に登場するキャラクター。
切札ジョーのクラスメイト。声の担当は《不死帝 ブルース》を担当していた武田幸史氏。

シャチョープリ人と3人組で行動している事が多い。
大柄ないわゆるガキ大将。「決定事項」が口癖で、ジョーに理不尽を突きつける。
シャチョーが用意した家庭教師も逃げ出すほどの頭の悪さを持つ。

漫画版ではムカデを見かけた際、ジョーに対して「危険だから触るな!」と忠告するなど、心から嫌っている訳ではない模様。

使用デッキ《ハイパー・マスティン》切札緑単グランセクト
《ヒゲ総理》が生まれた時のジョーとの対戦では《グレート・グラスパー》《ルツパーフェ・パンツァー》などの強力なクリーチャーも使用した。
が、その後アニメ第49話にて自然文明は弱いと称し、「デュエルマスターズ!」4話では文明を使用。

  • 「大柄なガキ大将」というキャラクター像は「ドラえもん」に登場するジャイアンから少なからず影響を受けていると思われる。
    アニメ15話では髪型もあちらをオマージュしていることが発覚した。

戦績

話数 対戦相手 勝敗 デッキ名
10話 切札 ジョー 敗北 大型獣は俺が予約した!
19話 切札 ジョー*1 敗北 (バトルロワイヤル)
27話 切札 ジョー 敗北 オレ様の勝利は決定事項!

使用カード