《邪魂創世》


邪魂創世 P 闇文明 (4)
呪文
自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、カードを3枚引く。

DMC-40で登場した呪文
《邪魂転生》を元にした、文明の新たなスーサイドドローソース。そちらとは違い、破壊できるクリーチャーは1体だけでドロー枚数も3枚で固定となった。

《邪魂転生》のように複数のクリーチャーを破壊して大量のドローをすると言う芸当はできないが、代わりにより気軽に使える呪文となっている。

代表的なドロー呪文《エナジー・ライト》が1枚のカードを消費して2枚のカードを得るのに対し、こちらは手札バトルゾーンクリーチャーの2枚のカードを消費して3枚のカードを得る。
単純な枚数で考えると、どちらも1枚分しかカードを得していない。

こちらの方がデッキをより深く探れることを除いては、3マナで、かつバトルゾーンに依存しない分、あちらの方がより良質なドローソースといえる。が入れられないデッキならば、こちらが候補となるだろう。

しかし、pig能力持ちのクリーチャー破壊するなど、デメリットメリットに変えるような工夫を凝らせばそれ以上のアドバンテージを得ることも可能。
《幻緑の双月》《青銅の鎧》など、役目を終えたcip能力持ちのクリーチャーを対象にするのもよい。

スーサイドらしく、このカードを使うならばこのカードが活きる構築を心がけたい。







関連カード


フレーバーテキスト

  • DMC-40
    邪なる秘術によって奪われた魂が、さらなる秘術を生み出す糧となる。
  • DMX-10
    その死が力に。

収録セット


参考