※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《アルティメット・影虎・ドラゴン》


アルティメット・影虎・ドラゴン P 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 6000+
パワーアタッカー+6000
W・ブレイカー
このクリーチャーは、バトルゾーンにある自分のクロスギア1枚につき、さらに1枚シールドをブレイクする。

DM-27+収録の限定フォイルカードの1つ。
戦国編に先駆けて登場したアーマード・ドラゴン/サムライ
サムライとなった《アルティメット・ドラゴン》である。

クルー・ブレイカーとの表記は無いものの、実質的に「クルー・ブレイカークロスギア」と言える能力を持ち、クロスギアを多用するサムライデッキで活躍が見込まれる。
バトルゾーンにある自分のクロスギア」が対象なので、クロスギアがクロスされていてもいなくても追加ブレイクが可能。

ただし、《アルティメット・ドラゴン》と違ってこちらはパンプアップではなく固定上昇のパワーアタッカーである。
そのためいくらクロスギアを出しても素のパワーは増えず、大型火力殴り返しには弱い。その辺りはパンプアップ持ちのクロスギアクロスさせるなどして補いたい。
とはいえクルー・ブレイカーを使う場合、一撃さえ通れば相手のシールドはほぼ全て割れてしまうため、それほど気にする必要はないかもしれない。

特に数を揃えやすい《閃光 イナズマ・カブト》との相性は抜群で、マナゾーンに溜めてから適当なクロスギアと合わせて一気にバトルゾーンに出せば1ショットキルも容易であり、上記の弱点も克服できる。

元となったカードと同じくブロッカーを複数並べられると止まってしまうのも弱点だが、その点は《鬼装 オーガ・フィスト》《氷槍 パラディン・スピア》などをクロスさせて、対抗するついでにブレイク数を増やしてやるといいだろう。

  • 比較対象には《維新の超人》が挙がるだろう。そちらと比べると、サポートの多いドラゴンである事や、クロスギアをクロスしなくても追加ブレイクが発生する点などで勝る。


  • 攻撃時のパワーは12000になるが、T・ブレイカーではなくW・ブレイカーである。もっとも、追加ブレイクの条件の緩さを考えれば、妥当な処置と言える。

関連カード



フレーバーテキスト

  • DM-27+
    今、まさに戦国時代が始まらん!真の覇者はいったい誰だ!?

収録セット


参考