《邪眼皇ロマノフI世》


邪眼皇ロマノフI世 SR 闇文明 (7)
クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 8000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中から闇のカードを1枚選び、自分の墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地にある闇のコストが6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を自分の山札の一番下に置く。
W・ブレイカー

DM-28で登場したダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト
cipで自分の山札からカードを1枚墓地に落とし、アタックトリガーで自分の墓地からコスト6以下の呪文唱える能力を持つ。

そのため、1つ目の能力呪文を落とすことで、自分で2つの能力シナジーさせることができる。《魔弾ロマノフ・ストライク》とのコンボも有効。
しかも自身がナイトなので、それがナイト呪文ならナイト・マジックで2連発できる。

墓地に落とす能力は、必ず呪文ではなくともよいため、大型クリーチャーを落としてリアニメイトしたり、《黒神龍グールジェネレイド》を落として相手にプレッシャーをかける等、様々な使い道がある。

呪文唱える能力も、使い終わった墓地《デーモン・ハンド》を撃って相手のクリーチャー除去する、《インフェルノ・サイン》墓地クリーチャーを再生してクリーチャーを展開する…と、状況にあわせて様々な対応ができるため汎用性が高く、フィニッシャーとして非常に優秀である。

エピソード2で獲得した《邪龍秘伝ドラゴン・ボーン》との相性も良好。同じくナイトである《邪眼皇アレクサンドルIII世》と組み合わせれば比較的簡単に呪文を連発できる。

欠点は自身が攻撃するまでの1ターンのタイムラグがあること。
その間に除去される可能性も高いので、先に相手の対抗手段を奪っておく、《黒神龍グールジェネレイド》を落とす等で除去しづらくする事を心がけたい。
《爆獣イナバ・ギーゼ》などでスピードアタッカーを付加するのも有効である。

戦国編環境ではロマノフサインの台頭によってかなり需要が高かったが、《ソウル・アドバンテージ》《インフェルノ・ゲート》プレミアム殿堂《インフェルノ・サイン》殿堂入りでこのカードはかなりの弱体化を余儀なくされた。

だが、DMD-25でこのクリーチャー最大のネックだったアタックトリガースピードアタッカーで克服するリアニメイト呪文《煉獄と魔弾の印》が登場。
墓地に《邪眼皇ロマノフI世》と《煉獄と魔弾の印》がある限り何枚でも《邪眼皇ロマノフI世》をリアニメイトすることができ、新たな形のロマノフサインとして復権を果たした。
DMD-25はそのロマノフサインの雛型のようなデッキ構築となっている。

《邪眼皇ロマノフI世》と《煉獄と魔弾の印》の2枚のどちらかが墓地に置かれてなかったとしても、《邪眼皇ロマノフI世》の山札サーチ能力墓地に落とすことができるため、ある程度融通も利く。
枚数によっては1ショットキルも可能なため、非常に打撃力が高い。











  • 元ネタはロシアのロマノフ王朝。
    16世紀末のフョードル・ニキーチチ・ロマノフの代に台頭し、その息子であるミハイル・フョードロヴィチ・ロマノフが1613年にリューリク朝後の動乱期を制して初代ツァーリに即位し、18代ニコライ2世が廃位させられる1917年まで続いた。(wikipediaより引用)







関連カード



フレーバーテキスト

  • DM-28(通常版)
    その魔銃に狙われて生きて帰ったものはいない!よもやの出場!ロマノフI世の登場だ!――超舌実況ミラクル・ショー
  • DM-28シークレット
    我が目標は唯一にして絶対!全てのサムライのオール・デリート!――ザキラ
  • DMC-54
    どれだけ高度な戦略であろうと、その魔弾の前では全て貧弱!!
  • プロモ (P74/Y9)
    この私が捨てなかったこと…、それは…、血に飢えた、仲間だけだ!!われらは、不滅だ!!――ザキラ

収録セット


参考