ランデス



ランデスによって相手のマナを減らし、動きを封じることで一方的に展開し相手を倒すデッキも多く存在する。

大方の用語がMagic:the Gatheringの転用である例に漏れず、これもその1つ。省略しない形では「ランド・デストラクション」(Land Destruction)で、日本語に直すと「土地破壊」。

マナ・クライシス UC 自然文明 (4)
呪文
S・トリガー
相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

緑神龍ザールベルグ R 自然文明 (9)
クリーチャー:アース・ドラゴン 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置く。 

バジュラズ・ソウル SR 火文明 (5)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+2000され、シールドをさらにもう1枚ブレイクする。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置く。

デュエル・マスターズのシステム上、カードを使うためには原則としてマナコストを支払う必要がある。よって、そのマナを奪う行為であるランデスは非常に強力な妨害の手段と言える。

代表的なのは《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》のような単発の呪文。これらを素早く撃ち込むことで相手のカードの使用を単純に1ターン遅らせることができ、大きくテンポアドバンテージを失わせることができる。

特にマナが揃っていない序盤から中盤に喰らうと強烈で、色事故を誘発させられると目も当てられない状態となる。

ただし、単発のランデスでは相手の重いカードを使わせなくするという拘束力は低い。ターン毎にチャージする機会があるため、時間が経つとマナを回復されてしまう。相手の出鼻を挫いてからは素早く決着を付けるように心がけるべきである。

《バジュラズ・ソウル》《アドミラル・クイーン》のような一度に複数枚ランデスするカードもある。

これらはチャージするよりも多くの枚数をランデスできるので、重いカードを使わせなくするというロックの側面が強い。このようなカードを使われてしまうと、自分のマナがみるみるうちに減っていくので最終的に何もできなくなってしまう。

《超竜バジュラズテラ》《魔天降臨》のような、一気にマナゾーンのカードを吹き飛ばすものは、そのゲームの勝利を決定づけるためのフィニッシャーとして使われる。

仮にS・トリガーなどで凌がれても、マナさえ奪ってしまえば反撃することはほとんど叶わなくなるため、勝敗は決まったも同然となる。

いずれもコントロールの手段としてはポピュラーなので、自分の戦略にマッチするものを活用していきたい。







主なランデスカード


主な疑似ランデスカード




ランデスの変遷


マナゾーンのカードを墓地に送るカードの初出はDM-02に収録された《マナ・クライシス》《ボルザード・ドラゴン》《シェル・フォートレス》《ボマーザウルス》《技師ピーポ》であった。

しかし、基本セット環境では軽いビーストフォークリキッド・ピープルを中心としたビートダウンメタデッキであったため、これらのカードはしばらくの間、ほとんどトーナメントデッキで見る事は無かった。

DM-04では《アストラル・リーフ》《アクアン》などの影に隠れて《ハイドロ・ハリケーン》が登場。登場当初こそ目立った活躍はなかったが、このカードも後に殿堂入りするほどの凶悪なカードであった。

闘魂編末期には《凶星王ダーク・ヒドラ》による強力な種族サポートを利用して《猿神兵アッシュ》で継続的なランデスを行うアッシュランデスが成立。《ヒドラ》が殿堂入りプレミアム殿堂と規制されていった現在でもなお細々と使われている。
また、闘魂編では言わずと知れた進化ドラゴン《超竜バジュラ》を獲得。この《バジュラ》を高速召喚して勝負を決めるターボバジュラは後の転生編環境で活躍する。 
※«ヒドラ»は2016年2月1日付けで殿堂入りへ降格が決定した。

聖拳編では《魔天降臨》《英知と追撃の宝剣》《焦土と開拓の天変》が登場。これらは今なお使われる呪文である。また、《緑神龍ザールベルグ》が登場したのもこの時期。ランデスカードも徐々に数を増やしていき、次第に注目されるようになっていった。

転生編では強力なクロスギアである《バジュラズ・ソウル》が登場。当時はまだ殿堂入りだった《無双竜機ボルバルザーク》とともにこのカードを投入したバジュラズブルー環境を席巻した。

また、《停滞の影タイム・トリッパー》《リアリティ・ヴォイド》《ガイアクラッシュ・クロウラー》などの新たなタイプのランデスカードが出現したのもこの時期である。


極神編から戦国編にかけては黒ランデスが活躍。ヘヴィ・デス・メタルフィニッシャーとし、コントロールの代表格として君臨する。

その後、2008年には《バジュラズ・ソウル》《母なる大地》殿堂入りしてランデスデッキの活躍はやや後退。ハンデスの主流が《ソウル・アドバンテージ》になったことで、コントロールの主役はカウンターバイケンとなる。

神化編に入ると、エンペラー・キリコの亜種であるキリコランデスが出現。星域キリコドラゴンなどのキリコデッキとともに暴れる。

それ以降は、純粋なランデスデッキがメタゲーム上で活躍することは減る。しかし、《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》等が単体でデッキに積まれる事もあり、ランデス自体が未だに強力なコントロールの手段である事に変化はない。具体的には


革命編になると、強力な擬似ランデスとして《メガ・マナロック・ドラゴン》が登場。しかし能力の強力さとは裏腹に、環境の煽りを受けた結果、期待されたほどの大きな活躍はしていない。

革命ファイナルでは《メガ・マナロック・ドラゴン》が早期登場の鍵となる《スクランブル・チェンジ》を獲得し大暴れ。また、低速環境の裏をかいたジョバンニスコールが突然頭角を現した。
この結果、2017年2月26日に《メガ・マナロック・ドラゴン》殿堂入り《天雷王機ジョバンニX世》プレミアム殿堂の措置を受けることになった。


ランデス(デッキ)


デッキタイプの分類のひとつ。
ランデスをデッキのメイン、または補助として多数搭載するデッキのこと。

大きく分けて4タイプに分類される。

  1. ランデスでテンポアドバンテージを取りながら殴るビートダウンタイプ。主に《ボルザード・ドラゴン》を使用したデッキや、牙バジュラズなどの《バジュラズ・ソウル》入りのビートダウンが該当。
  2. ランデスで相手をコントロールしてからフィニッシャーに繋げる除去コントロールタイプ。主に黒ランデス系のデッキ全般、ランデスサファイアヘヴィ・デス・メタルが該当。
  3. 一気に相手のマナゾーンを空にする一撃必殺タイプ。主に《ハイドロ・ハリケーン》《超竜バジュラズテラ》を使うタイプのデッキが該当。
  4. ランデス自体が目的で、永続的なランデスでマナを0にしてから止めを刺すコンボデッキ。主にアッシュランデスアドミラルロックなどが該当。

  • 基本的にビートダウン(特に速攻)に対して分が悪い。ランデス自体にあまり効果が期待出来ず、《ヘヴィ・メタル》を間に合わせるのも難しい。S・トリガーシノビである程度対策することもできるが、スロットの多くをランデス手段に割いているため、なかなかに厳しいものがある。
    その分コントロールに対してはめっぽう強く、マナブーストや《光波の守護者テルス・ルース》等を積んでいないデッキの場合、一方的な展開に持ち込めることも珍しくない。

  • ガチデッキファンデッキのレベルが二極化しているデッキタイプでもある。後者は使っても使われても楽しいものが多いが、前者はまさにガチデッキ的ないやらしい戦い方が身上。おそらく無限ループ系のデッキと並んで最も友人を無くしやすいデッキタイプの一つであろう。

  • 一撃必殺系以外のランデスデッキを使うと、試合の流れが停滞しやすく勝負が単調になりやすい。大会で勝つためには致し方ないが、カジュアルで使用すると嫌がる人もいる。

参考