DM-21 「不死鳥編 第3弾 封魔王の系譜(ヒストリー・オブ・デビル・ノヴァ)」



不死鳥編3番目のエキスパンション。2006年10月21日発売。全60種類。現在は絶版
テーマは「悪」。それゆえグランド・デビル関連のカードが目立ち、背景ストーリーにも悪魔達が繁栄の極みにある設定がなされている。
その最たるものが、魔に堕ちてしまった《聖霊王アルカディアス》である《魔聖デス・アルカディア》の存在だろう。の防御に除去要素が加わった能力を持っている。

有名なカードとして、
などがある。

やはりこのエキスパンションハイブリッド種族種族シナジーを重要視しており、マッドネス+同種族を呼べる能力を持った各種「提督」のサイクルがその象徴。
また、山札をめくって指定種族の枚数分効果をもたらすスリリング・スリー能力、再登場したシンパシー能力なども収録。実用性の高いものも多く、ハイブリッド種族種族デッキはなかなかの強さで構築することが可能になってきた。






収録カード

スーパーレア


ベリーレア


レア


アンコモン


コモン



参考