《ローズ・キャッスル》


ローズ・キャッスル UC  闇文明 (3)
バトルゾーンにある相手のクリーチャーすべてのパワーは-1000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DM-30で登場した
相手クリーチャー全てに-1000のパワー低下をかける。

パワー-1000というと一見地味だが、パワーが0になったクリーチャー破壊されるというルールにより、パワー1000以下のウィニーを根絶やしにできる。現在はこの城の存在だけでパワー1000のウィニーの評価が下がっているほど。

シールドブレイクされればすぐに効果は消えてしまうが、除去呪文のような感覚で相手クリーチャーを最低1体破壊しつつ出せば、3コストと軽いのでアドバンテージ的には何の問題もない。
運よく残ったならば、このカードのコストパフォーマンスターン経過に従いさらに上がっていく。

パワーを下げるため火力の補助も出来、特に《地獄スクラッパー》《火焔タイガーグレンオー》などの複数火力とは相性がよい。

射程に入る主なクリーチャーは以下。

ただし、速攻に入るウィニーにはパワー1000を上回るものも多いので、このカードがそのまま対策になるとは限らない。
例えば、《死神術士デスマーチ》《ねじれる者ボーン・スライム》を使う墓地進化速攻には効果的だが、《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《無頼勇騎タイガ》などのパワーが主力のステロイドには大して効果が無い。

相手を選ぶカードだが、刺さる相手にはよく効くため、環境を読んで使いたい。


  1. 《式神セメタリアン》バトルゾーンに出る。cipが誘発するが、ひとまず待機状態に。
  2. トリガー能力より常在型能力が先に処理されるので、パワーが-1000され、パワーが0になった《式神セメタリアン》は破壊される。pigが誘発するが、ひとまず待機状態に。
  3. 待機状態になっていたcippigのうち好きな方を解決
  4. 待機状態になっていたcippigのうち残った方を解決

  • 複数貼れば効果は重複する。使うと(使われても)分かるが、パワー-1000と-2000ではかなり焼ける幅が違ってくる。相手のデッキタイプによってはこのカード数枚で「詰む」ことも。





サイクル


関連カード



収録セット


参考