不死鳥編環境


BEFORE⇒転生編環境


メタゲーム

DM-19~DM-20期

転生編終盤からトップメタの座を得た《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》は、DM-19に入っても暴れ続ける。

DM-18まで《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《大勇者「ふたつ牙」》などのマナブーストで高速召喚する牙サファイアが暴れていたが、DM-19期にデュエルマスターズ初のリアニメイトスペルである《インフェルノ・ゲート》が登場。
これにより、《ダンディ・ナスオ》または《ロスト・チャージャー》によってサファイアを墓地に送り、《インフェルノ・ゲート》で4・5ターン目にサファイアをバトルゾーンに出す茄子サファイアが登場し、牙サファイアをトップメタから押しのけた。

他方、転生編を経て強化された単色速攻ビートダウンはまだ勢力を保っていた。パシフィック青単緑単速攻準黒単などが勢力を競っていたが、特に赤単速攻が強力なデッキタイプだった。

不死鳥編で追加されたハイブリッド種族たちは、ほとんどがファンデッキに甘んじたが、グランド・デビルはその粘り強いビート性から公式大会でもそこそこの成績を収める。
また、聖拳編の頃から存在していたアクアンホワイトブラック白青黒赤ライブラリアウトといったコントロールデッキの強豪達もそれらに続いた。

2006年夏の公式大会サマーギャラクシーリーグでは、茄子サファイアに対して有利な白青黒赤ライブラリアウト改造型除去サファイアが主に活躍しつつも、上記のデッキが並立して各大会を制した。
レギュレーションの問題で牙サファイア以外のすべてのデッキが否定されていたスプリングギャラクシーリーグに比べれば、一見するとバランスがとれていたように思えるものの、その実態は「サファイアか、速攻か、除去コントロールか」の鼎立であり、それら以外のデッキで勝ち上がることは不可能に近かったと言える。

DM-21期

長らく上記の固まったメタゲームが続き、まさに不死鳥編の一年間はサファイアが牛耳る一年間となっていたが、大方の予想に反して《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》は1年を待たずしてプレミアム殿堂入りとなる。
《無双竜機ボルバルザーク》が当初殿堂入りすら渋られていたことを考えると、異例の措置となった。

同時にライブラリアウトデッキの生命線である三種の神器《ロスト・チャージャー》《ヘル・スラッシュ》《フューチャー・スラッシュ》プレミアム殿堂入り。
これによりライブラリアウトデッキはDMR-02において《ヴォルグ・サンダー》が登場するまでメタゲームから消えることとなった。

これに対して速攻デッキは殿堂入りの影響を全くと言っていいほど受けず、赤単速攻パシフィック青単緑単速攻準黒単は以前に増して勢力を強めた。白青黒赤ライブラリアウトの後継である除去ガーディアンや、サファイア系列の後継となる牙バジュラズドラゴンランデスなども登場し、主要カードが禁止となったそれらの後釜となる。

DM-22~DM-23期

DM-22では《光神龍スペル・デル・フィン》《黒神龍グールジェネレイド》《インフィニティ・ドラゴン》などの強力なドラゴンがこぞって登場し、牙デルフィングールジェネレイドなどのデッキを生み、闘魂編より細々と組まれてきた連ドラを一気にメタ格へと強化させるなどした。

アクアンホワイトブラックは聖拳編より安定した強さを持ってはいたものの、やや使用率は低下していく。これにより、の主力種族はアクアンホワイトブラックを中心としたイニシエートよりも、除去ガーディアンに活躍の場を得たガーディアンに再シフト。
ガーディアンは流行するランデスへの対抗策《光波の守護者テルス・ルース》をDM-23で得たのも追い風だった。

NEXT⇒極神編環境


当時の主流デッキ


主なカード



参考