Akira Hamada


おけら、浜田朗(Okera,Akira Hamada)。
デュエル・マスターズ最初期からイラストを手掛ける、最古参のイラストレーターの一人。代表作は《森の歌い手ケロディナンス》《弾丸透魂スケルハンター》《光神龍スペル・デル・フィン》《ミラクル・ルンバ》など。

丸みのある造形と、ややもすれば漫画的なハッキリとした主線が特徴で、ディフォルメ感の強い絵柄でクリーチャーを描く。好みの個人差が激しいが、他のTCGでは見られないDM特有の世界観を構築している絵師の一人だろう。

実は「アートディレクター」という、デュエル・マスターズイラストの方向性に大きく関わるスタッフの一人でもある。故に、氏の描くクリーチャーが一番種族文明の特徴を捉えていると言っても過言では無いだろう。


イラストを担当したカード





参考