DM-19 「不死鳥編(スペクタクル・ノヴァ) 第1弾」



不死鳥編の第1エキスパンション。2006年6月24日発売。120種類セットだが再録カードは無し。 現在は絶版
DM-17の一万年後という不死鳥編背景ストーリー設定通り、これまで登場していた大半の種族が絶滅。

代わりに、ドリームメイトなどの友好色の2文明間にまたがるハイブリッド種族と、ビークル・ビーなどのそれらのサポート種族が計8種類追加された。(ハイブリッド種族5、サポート種族3の割合で、残りの2つのサポート種族DM-20で登場)
これらの新種族、そしてその支援カードや進化クリーチャーを中心に、エキスパンション全体のカードリストが構成されている。

有名なカードは、
など。

3体もの進化元を必要とする新進化システム、進化GVが初登場。それによって召喚できる5枚のフェニックスサイクルがこのエキスパンションの目玉。
その他にも多数の新システムが生まれているが、やはりその多くは種族シナジーを重視するもの。

セット全体の方針として、既存のデッキを強化するよりも新種族によってつくられる新たなデッキタイプを推奨しているため、今までのメタデッキにそのまま入るようなカードは少なかった。
それもあってか、120枚セットとしては人気は伸びなかった方に入るエキスパンションである。







収録カード

スーパーレア


ベリーレア


レア


アンコモン


コモン



参考