※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DM-17 「転生編 第4弾 終末魔導大戦(ジ・オーバーテクノクロス)」



転生編最後のエキスパンション。2006年3月17日発売。全60種類。現在は絶版
ついに進化クロスギアが登場。これらはどれもド派手な能力を持ち、インパクトの強いカードが多い。
全て友好色多色で構成されるカードであり、転生編で収録された多色はこれらだけである。

クロスギアに関するカードは他にも多数収録されており、クロスギアをテーマにした転生編を総括する内容。支援系のものだけでなく、クロスギア対抗策となるクリーチャー呪文も多い。

有名なカードとして
などがある。

また、新規キーワード能力S・バックが登場。S・トリガーに次いでの、シールドを攻められた時になんらかの反撃を行える逆転要素である。

全体的に見ると面白いカードも多いが、総じてカードパワーが微妙なカードが多いといった印象が強い。このエキスパンションの中で当時のメタゲーム上で明らかに活躍できたカード《ダンディ・ナスオ》ぐらいと言われたため、それを揶揄して「終末ナスオ大戦」とも呼ばれた。奇数弾の法則に当てはまった弾の一つと言えよう。

ただ、実際には《デュアルショック・ドラゴン》などもメタゲームに出る力を持っていたり、《ファンタズム・クラッチ》《進化の化身》《天真妖精オチャッピィ》《テンペスト・ベビー》《マインド・リセット》など、後になって再評価されている実用的なカードも存在する。






収録カード

スーパーレア


ベリーレア


レア


アンコモン


コモン



参考