《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》


ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン SR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに墓地に置く。

DM-06で登場したアーマード・ドラゴン
シールド焼却クリーチャーの元祖。
シールドブレイクする代わりに墓地に送るので相手の手札を増やさず、S・トリガーS・バックも使わせず、安全に相手を追いつめられる。

このカード自体に除去能力はないので、ブロッカーを一掃するなどバトルゾーン制圧してから使いたい。また、スピードアタッカーを持たないので、返しのターン除去されやすく、ハンデスによるサポートも必須。攻撃までの隙のカバーが非常に重要。


カード中トップクラスの知名度と人気を誇る、デュエル・マスターズのシンボル的ドラゴンのひとつ。漫画や雑誌で新たな目玉カードとして積極的にフィーチャーされ、斬新で強力な能力も相まってスターカードとなっていった。闘魂編のCMでもタカラのロゴで火を噴くシーンがあるなど代表格的なクリーチャーとして扱われていた。

覚醒編以降の環境の高速化で一気に消えたが、未だ根強い愛好家が存在している。DMC-36発売まで再録が少なく、シングルカード市場で高価だった。

そんな愛好家の声に応えてか、DMD-24で三枚、三種類のカードイラスト再録。専用サポート《希望と勝利の伝説》も登場し、5コストコスト踏み倒し可能となり、超次元呪文で出す中型のサイキック・クリーチャー並みに早く出せるようになった。

従来より使い勝手が増し、今後も多くのプレイヤーに使われるだろう。

ルール





その他







  • 半ホログラフィック仕様のWINNERカードがあり、かなりの高価で取引される。


  • アニメでもフィニッシャーとしての活躍が多い。
    • アニメ「デュエル・マスターズ チャージ」では、1話から勝舞の切り札として登場。敵に奪われず終盤まで活躍し、映画「闇の城の魔龍凰」にも登場した。
    • アニメでは勝舞以外のゲストキャラも使い、L(ラブ)黒城戦での切札の1枚として使った。L(ラブ)曰く、文明《デーモン・ハンド》などS・トリガーが厄介なため、シールド焼却能力を持つこのカードを採用したという。
    • 「ゼロ デュエル・マスターズ」でも活躍するが、「デュエル・マスターズ ゼロ」では回想シーンを含め3回の登場で、「クロス」では55話で背景に出たのみ。「クロスショック」では3話で久々に姿を見せ、27話の新展開から何度も登場した。
    • アニメではあまり名前を略されないが、略称はもっぱら「ボルメテウス」。他のボルメテウスと区別するためか、勝舞は「ホワイトドラゴン」とも呼んだ。
    • アニメ「ビクトリーV3」ではダムッシーとして登場。
    • アニメ「VS」では勝太ぶっちゃけ戦で使用。《ジャックポット・バトライザー》で登場し、次のターンの一斉攻撃に参加した。


関連カード

ボルメテウス」の名を持つカード

同じ能力を持つカード

類似した能力を持つカード

サポートカード

フレーバーテキスト

  • DM-06
    気高き怒りに触れる者、百万回死んでもおかしくない。
  • DMC-27DMC-42
    その輝く炎は希望の光。夢にまで見た、勝利がここに!
  • DMC-36
    希望と勝利が炎となって吹き荒れる時、伝説の竜が舞い降りる。――いにしえより伝わりし竜族の伝説
  • DMC-53DMC-65
    その悪しき心ごと、聖なる炎で焼き尽くさん!!
  • DMX-12
    お香を焚いたら伝説の竜がみるみるアフロにつつまれていった!!って、えーーー。
  • DMX-14
    伝説は、いつまでも語り継がれるから伝説なのだ。
  • DMX-16
    いつだって、ドラゴンは頂点の象徴。
  • DMD-24
    その白き肌に刻まれし英雄の記録。悪を働く者で、ボルメテウスの名に怯えぬ者はいない。
  • DMD-24
    ボルメテウスは何度でも帰ってくる。地獄の淵からも記憶の彼方からも。そこに英雄を求める声があるかぎり、帰ってくる。
  • DMD-24
    見よ、堂々と空を舞う姿を、栄光を手にした者のみに見せるその姿を。そのボルメテウスが、今、ここに降り立つ。
  • DMX-22
    伝説となった白と青の龍。その横にも常にルピアの姿があった。
  • プロモ(P3/Y11)
    聖なる炎は、今も変わらず燃えさかり続けている。

収録セット


参考