《大地と永遠の神門》


大地と永遠の神門 P 闇/自然文明 (6)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
コスト7以下のゴッドを1体、自分の墓地またはマナゾーンからバトルゾーンに出す。

DMC-57で登場した/自然呪文
コスト7以下のゴッド1体を墓地もしくはマナゾーンから呼び出すことができる。

現在はコスト8以上のゴッドが増え融通が効かない場面も出てくるが、それでもまだ多くのゴッドを対象にすることが可能。
G・リンクを達成する上で、墓地からもマナからも好きな時に任意のゴッドを出せるのはかなり役立つ効果。このカード一枚で、ゴッド破壊マナ送りの両方に対して大きな耐性を得たといえる。

コストが6とやや重くS・トリガーも持っていないため、大抵のゴッドの場合はコスト軽減にはならず、むしろ通常召喚よりやや出費がかさむのが難点と言えば難点。しかし、序盤に手札ゴッドを手軽にマナにおけるという事自体が事故の防止に繋がり、デッキの回りをスムーズにするため、その点はほとんど気にはならない。
対象の範囲の広さが売りであり、リアニメイトマナ回収をこの一枚で担えるようになったことによるスロット節約効果は非常に大きい。

また、重めのコストではあるが文明を持ちロマノフ系のカードの射程圏内でもあるため、マッド・ロック・チェスターとの相性は良好。
デメリットを気にしなければ、5マナの時点で《邪神M・ロマノフ》メテオバーンマナゾーンからこの呪文を使って《邪神C・ロマノフ》を出し、G・リンクを行わずさらに《邪神C・ロマノフ》メテオバーン墓地からこの呪文を使いゴッドを並べる、といった荒業も可能である。だが、《邪神M・ロマノフ》プレミアム殿堂に指定されたため現在は不可能である。

他の有力候補としてゼン&アクヘヴィ・デス・メタルゲキ&メツなどが挙げられる。五元神神帝などのサポートとしても使えるだろう。

が合えば、今後のあらゆるゴッドデッキで採用を検討できる強力な呪文



  • ちなみに小説版の「黒月の神帝」に至ってはなんとリクルートまで可能な万能呪文として描かれている。

フレーバーテキスト

  • DMX-14
    かつて、ゴッドと呼ばれる存在が世界を浄化した。
  • プロモ(P39/Y9)
    命の賛美歌と死の鎮魂歌の合唱が、神を世界に降臨させる。

収録セット


参考