ハンデス


ハンド・デストラクション(Hand Destruction)の略。

相手の手札墓地などのゾーンに移動させ、自由に使わせなくすること。
手札破壊」とも言う。

が得意とする戦法で、一般には手札墓地捨てさせることを指す。
広義には相手の手札シールド等に封じ込めることも含め、こちらはカードに見られる。

解体人形ジェニー C 闇文明 (4)
クリーチャー:デスパペット 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見てその中から1枚選び、捨てさせる。

ロスト・ソウル UC(R) 闇文明 (7)
呪文
相手は自分自身の手札をすべて捨てる。

デュエル・マスターズにおいて、ほとんどのカード手札から使用されるため、多くのアドバンテージ手札から生み出されると言える。
そのため、その手札を奪う行為はゲームの中でも最も強力な妨害行動の一つである。

バトルゾーンマナゾーンに置かれる前に干渉できるため、たとえば以下のようなメリットがある。

上の説明を見ると、局所的に一部の場面でしか効果を発揮しないように思えるが、基本的にいらないカードはデッキに積まないのがデッキビルディングの鉄則である。よって、ハンデスは捨てるカードの種類にかかわらず、ほぼ確実に成果を挙げることができる戦略である。要するに、相手や場面をあまり選ばず強い。

ハンデスは捨てさせるカードをどのようにして選ぶかによって、大まかに3通りに分かれる。「相手の手札を見て選ぶ(ピーピングハンデス)」>「相手の手札を見ないで選ぶ(ランダムハンデス)」>「相手が選ぶ(セルフハンデス)」の順に効果的。

特に《解体人形ジェニー》《パクリオ》は、相手の手札を見た上で最も重要なカードを抜き取る事ができるため、非常に評価が高い。相手がマッドネスを握っていたとしても、それを回避することができる点も重要である。

また、《ロスト・ソウル》《「智」の頂 レディオ・ローゼス》のような、相手の手札を全てまたはほとんど叩き落としてしまうものも強力。相手は次のターン今引きで引いたカードしか使えなくなるので、プレイングの選択肢を大幅に狭められることになる。これらが1枚でもデッキに入っている場合、相手は突然手札を全て落とされることを見越したプレイングが要求される。

逆に「相手が選ぶ」セルフハンデスの場合は、相手にとって不要なカードもしくはマッドネスクリーチャーを選んで捨てることになることが多く、効果が低かったり逆効果となるリスクが高い。ただし、いくらセルフハンデスとはいえ、先述の《「智」の頂 レディオ・ローゼス》《ニコル・ボーラス》《裏切りの魔狼月下城》など、捨てる枚数が極端に多ければ、実質的に《ロスト・ソウル》と変わらない。基本的にオールハンデスを見越して積まれるケースがほとんどである。セルフハンデスゆえにコスト論として軽く見積もられているきらいすらある。

主なハンデスカード

軽量ハンデス

中量ハンデス

重量級ハンデス

ハンデス系ゼニス

5コスト2000、2cipサイクル担当

相手の手札を見るハンデス

黒単準黒単で活躍するハンデスクリーチャー


あまりの強さに殿堂入りしたもの。

何らかのハンデスカードデッキに入れられる場合、ほぼ8割方は上記の中のどれかから選択されると言っていい。これら定番のハンデスはきちんとその効果マナ域を覚えて、相手に思うように使わせないようにしたい。

ハンデスの弱点




その他





参考