《特攻人形ジェニー》


特攻人形ジェニー UC 闇文明 (2)
クリーチャー:デスパペット 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうした場合、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

DMR-01で登場したデスパペット
cip自壊することにより《ゴースト・タッチ》を放てる。

本家《解体人形ジェニー》が、ピーピングしつつハンデスし、パワー1000のクリーチャーが残るのに対し、こちらはcip自壊することにより、相手の手札を見ずに1枚ハンデスする。

序盤から使える軽量ハンデスということで、白青黒コントロール系列のハンデスコントロールでは《エナジー・ライト》《コアクアンのおつかい》と絡めてよく使われる。何らかのドローソースと組み合わせて連打すれば、相手の手札のみを枯渇させることが可能である。

比較対象は同じ2コスト《ゴースト・タッチ》。あちらはS・トリガーを持つ呪文なので、こちらはクリーチャーであることを活かせるデッキで使ってあげたいところ。

クリーチャーである分墓地回収が容易なのは利点である。
《超次元リバイヴ・ホール》と併用すると、《超次元ドラヴィタ・ホール》《ゴースト・タッチ》回収し再利用するのと似た動きが出来る。そこに《激天下!シャチホコ・カイザー》と組み合わせれば、毎ターンハンデスできるコンボとなる。

破壊されて墓地に行くと、《邪神C・ロマノフ》《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》《大邪眼B・ロマノフ》などの進化元になれるので、墓地進化との相性も良い。不死帝 ブルースに入れても強力で、《不死帝 ブルース》墓地召喚能力で、2マナに付き1枚のハンデスが延々と撃てる。

その他、あらかじめ墓地に落としておくと、《地獄門デス・ゲート》《雷獣ヴォルグ・ティーガー》リアニメイトが無駄になりにくい。

本家《解体人形ジェニー》《ゴースト・タッチ》に負けず劣らずのねちっこい動きが可能なので、うまくデッキを組んでやりたい。









  • 開発段階では自爆することにより《解体人形ジェニー》と同様ピーピングハンデスをする3マナクリーチャーの予定だったそうだ。しかし強すぎたために現行の効果に変更されたという。



  • また「ビクトリーV3」では《不死帝 ブルース》に操られた人形「ジェニー1号」として登場。大量のジェニー化した人間に襲われたプラマイ 零を守り、デュエマではこのクリーチャーとして奮戦した。この時、ジェニーの声を担当していたのは福原綾香氏である。


  • 漫画「Duel Masters Rev.」にて、霧谷愛利子(アリス)が未来戦で使用。自身の首を斬ることで、未来の手札を奪った。自壊する際、捨て台詞としてフレーバーテキストと同じセリフを言い残している。なおアリスはPREVO能力でこのカードを実体化させ、普段から人形として持ち歩いている。

サイクル


DMD-04にて、火文明にも登場した。

関連カード



フレーバーテキスト


収録セット


参考