《超次元マザー・ホール》


超次元マザー・ホール UC 光文明 (6)
呪文
進化ではない光の、「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。
コスト6以下の光、水、自然いずれかのサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

DMR-01で登場した超次元呪文

進化ではないブロッカー1体を手札からコスト踏み倒しする効果に加えて、コスト6以下で自然いずれかのサイキック・クリーチャー1体を超次元ゾーンから呼び出すことができる。

超次元呪文《ヘブンズ・ゲート》といったところか。手札から出せる大型ブロッカーの数が減った代わりに、超次元ゾーンからサイキック・クリーチャーを呼び出すことができる。

《ヘブンズ・ゲート》と同様《魔光王機デ・バウラ伯》回収して使いまわしたり、《知識の精霊ロードリエス》《光器セイント・アヴェ・マリア》を出して2枚ドローしたりと安定した動きができる他、《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》手札から出すことによって、呼び出したサイキック・クリーチャーを擬似的なスピードアタッカーにすることもできる。

光ハンターでは優秀な働きをする。《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》《光器セイント・アヴェ・マリア》を出すと、タップキルした後にアンタップして攻撃後の隙を埋められる。

他には相手の攻撃を誘う《悪魔聖霊バルホルス》《ガロウズ・セブ・カイザー》を組み合わせるというのも面白い。

5マナの《超次元シャイニー・ホール》《超次元ドラヴィタ・ホール》に比べると、《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》などの7コストのよく使われるサイキック・クリーチャーが出せない点で劣る。反面、こちらは出せる文明の数が多いのでそれを活かしたい。

フィールドアドバンテージを得るには非常に便利な呪文なので、ぜひうまくデッキを組んでやりたい。


  • 代表的な呼び出し先には以下がある

《光器セイント・アヴェ・マリア》 ターン終了時にハンターアンタップ
《舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ》 ブロックするとシールド追加

《ガロウズ・セブ・カイザー》 相手の攻撃時に1ドロー
《時空の戦猫シンカイヤヌス》 クリーチャーを出すと覚醒

自然

《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》 ターン終了時にマナ回収
《魂の大番長「四つ牙」》 ターンのはじめにマナブースト
《時空の鬼若コーシロウ》 覚醒するとマナゾーンから踏み倒し

多色

《勝利のリュウセイ・カイザー》 相手マナタップイン
《勝利のプリンプリン》 敵獣1体の攻撃ブロックを封じる
《時空の霊魔シュヴァル》 覚醒するとシールド追加が可能




サイクル

DMR-01で登場した、コスト6の超次元呪文

関連カード


収録セット


参考