《レッド・ABYTHEN・カイザー》


レッド・ABYTHEN(エビセン)・カイザー  ≡V≡  火文明 (7)
サイキック・クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/エイリアン 6000
相手がこのクリーチャーを選ぶ時、相手のマナゾーンにあるカードをすべて持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー
《ブラック・WILLOW・カイザー》《ホワイト・TENMTH・カイザー》覚醒リンク後⇒《シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン》

DMX-05で登場したサイキックレッド・コマンド・ドラゴン/エイリアン
《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》と同様の、相手から選ばれた時に相手マナをすべてランデスする能力を持つ。

このクリーチャーを選ぶ事は相手にとって相当のリスクがあるため、事実上のアンタッチャブル能力持ちクリーチャーであると言える。気軽にこのクリーチャーを選択できるようなデッキは超軽量型の速攻マッドネスドローゴーぐらいのごくごく一部だろう。

またバトルゾーンに選ばれる自分のクリーチャーがこのカードしかない場合、《超次元シャイニー・ホール》《超次元ミカド・ホール》などの、必ずクリーチャーを選ぶ必要のあるカードの使用を抑制する限定的なロックカードとしても機能する。


他に考えられる対処方法としては、
などが挙げられる。
また、攻撃強制させブロックに誘い込む《悪魔聖霊バルホルス》ブロッカー付加とブロック強制させる《剛鉄突破 アイアンローズ》も天敵。

もしくは、このカードを無視して先に殴り勝ってしまうのが有効である。5マナ超次元呪文から出てくるとはいえ、パワー6000のW・ブレイカーはそれほど飛び抜けたスペックではない。厄介な存在ではあるが、自分で使う場合には過信は禁物である。







  • 登場以来、相手クリーチャーを選ぶカードの効果が強制だった際にしばしば名が挙がるカード。もし強制だった場合、思わぬところで足元をすくわれる可能性があるので要注意。現在は登場当時ほど使われてはいないものの、相手の超次元ゾーンには常に細心の注意を払いたい。


  • カード名の「ABYTHEN(エビセン)」とは、名古屋(正確には愛知)名物「海老煎餅(えびせん)」の事であるが、フレーバーテキストの元は株式会社カルビーのスナック菓子「かっぱえびせん」のキャッチコピーである。ちなみに、両者に直接の因果関係はない。

関連カード

カードイラストを担当しているのも同じToshiaki Takayama氏である。

フレーバーテキスト

  • DMX-05
    やめられない!とまらない!それがABYTHENの力!

収録セット


参考