S・トリガー


DM-01から存在するキーワード能力。「シールド・トリガー」と読む。
この能力を持つシールドカードは、手札に加える直前に公開することでコストを支払わずにプレイすることができる。
最初は呪文のみだったが、DM-04クリーチャーにも登場した(>S・トリガー獣)。

《デーモン・ハンド》 R 闇文明 (6)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーを1体破壊する。

《アクア・サーファー》 UC(R) 水文明 (6)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。

相手のクリーチャーによるブレイクなどでシールド手札に加わる際、それがS・トリガーを持つカードならば、マナコストを払わずに使用できる。

シールドにS・トリガーが埋まっているかは運次第だが、コスト踏み倒しの例にもれず強力な能力である。
相手ターン中でもノーコストでカードを使用できる可能性があるため、逆転のきっかけを作りやすい。特に速攻ビートダウンの対策に有効である。

ブレイクに限らず、シールドカードを手札に加える効果ならば使用が可能。
ただし、《エメラル》のように能力文に"ただし、その「S・トリガー」は使えない。"と書かれている場合、S・トリガーを使用できない。逆に《マーシャル・クイーン》《神託の精霊アルメリック》はこの記述がないのでS・トリガーを使用できる。《黒神龍ブライゼナーガ》等、使えることをわざわざ注釈文で明記しているケースもある。

一部のクロスギアは上位能力のS・トリガーXを持ち、ジェネレートに加え、クロスまでをノーコストで行うことができる。ただし、《星龍パーフェクト・アース》などの能力でクロスギアにS・トリガー能力が付与された場合は、ジェネレートのみをノーコストで行うことができる。

実際のゲーム中にS・トリガーの使用を宣言する場合、うっかり元々持っていた手札と混ぜないように注意。
デュエルロードなどの大会ではS・トリガーに関する不正への対策として、公開する前に手札へ加えてしまった場合は使えないというルールを採用している店舗もある。

相手のターン中に何か行動をすることができる数少ない方法であるため、デュエル・マスターズのスリリングなゲーム性を生む核といっていい独創的なシステムである。


ルール


  • 公開するのは手札に加える直前だが、S・トリガーを使う場合は手札からプレイされるという扱いである。《邪眼皇アレクサンドルIII世》等がいる場合に重要になる。








ゲームにおいて

  • 相手のシールドにS・トリガーが含まれている可能性を考えると、不用意な攻撃は控えるべきである。







  • S・トリガーは多くのデッキで使われているが、速攻のような速度に特化したデッキでは採用されないことも多々ある。自分のデッキタイプと相談し、どの程度採用するのかは慎重に決めたい。




その他



  • 基本セット時代から強力なS・トリガーのレアリティレアであることが多い。そのため、複数枚入手したいにもかかわらずなかなか集まらないこともしばしばある。




  • 後にMagic:The Gatheringで登場した「奇跡」は、領域を移動する際に公開することでプレイを許可するという点で類似点が見られる。

よく使われるS・トリガー

など

シールドをS・トリガーにするカード


S・トリガーと相性のいいカード

など

手札に加えられてもS・トリガーを封じるカード


参考


  • 更新しました -- 名無しさん (2018-06-28 09:41:21)
名前:
コメント: