《愛の無限オーケストラ》


愛の無限オーケストラ SR 光/水/闇/火/自然文明 (5)
進化クリーチャー:エイリアン 15000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
超無限進化-光・水・闇・火・自然がすべて揃うように自分のクリーチャーを1体以上選び、その上に置く。
メテオバーン-このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、自分の山札の上から3枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中から好きな枚数の多色クリーチャーをコストを支払わずにバトルゾーンに出し、好きな枚数の多色呪文をコストを支払わずに唱える。その後、残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
T・ブレイカー


攻撃時にメテオバーン進化元を1枚捨てれば、山札の上から最大3枚の多色カードコスト踏み倒しできる。

5色レインボーなので必然的に5色デッキで使用することになる。能力の性質上、デッキはなるべく多色の割合を高めておきたいため、5色フェアリー・ミラクルとは非常に相性がいい。

そこそこ厳しい進化条件も、《時空の支配者ディアボロス Z》を代表とした多色サイキック・クリーチャーや、《極みの香!イタダキマツタケ》スペース・チャージを使えば比較的苦労せずに進化元を用意出来る。《母なる星域》《湧水の光陣》等のコスト踏み倒しが使えるので、それらを使って出してやるとよい。


《湧水の光陣》を使うなら《戦略のD・H アツト》を使うと良いだろう。進化元墓地肥やし事故対策など、能力を活かし易い。また、《湧水の光陣》で出せる《星龍パーフェクト・アース》を使ってみるのも一興か。

能力の性質上デッキ多色を多めに入れなければならず、必然的に専用の5色デッキとなり、色事故が起こり易い。デッキを構築する際は十分に注意しておきたい。

このクリーチャーを使う上での一番のネックは、進化しやすいよう軽量多色クリーチャーを多めに入れれば爆発力が下がり、《ラスト・バイオレンス》ゼン&アクといったカードパワーの高い多色カードを増やせば事故率が格段に上がるというジレンマである。

専用デッキを組む際はこの点を考慮する必要があるだろう。



  • 「コストを支払わずにバトルゾーンに出し」とあるが、 召喚 と違い バトルゾーンに出す はコストの支払いが不要である(そもそも支払うタイミングが存在しない)。そのため「コストを支払わずに」という文字列は注釈文程度の機能しか持たない。


  • 派手な能力を持つカードだが、DMR-04に収録されているスーパーレア以上のカードは汎用性の高いカードが多く、同弾の中ではハズレ扱いされる事が多い。シングルカード市場における価格も他と比べてとりわけ高くもなく、やや不憫である。ただし、ロマン溢れる能力と派手さを持つため、専用デッキを組めば十分に活躍してくれる。安価で入手できるのはむしろありがたいことだろう。


関連カード


収録セット


参考