エピソード2



デュエル・マスターズ11番目のシリーズ。「エピソード・ツー」と読む。
シンボルは「E2」(=Episode 2)。

種族をテーマとしたセットであり、特定の種族シナジーするカードが多く収録される。同時に、いずれの文明にも属さない「無色」のカードが初めて登場した。
また、アンノウンを始めとした強力な重コストクリーチャーや、新システムのガチンコ・ジャッジなど、セットを通して大型クリーチャーを使用することを推奨している。

背景ストーリーでは、世界を支配しつつあるアンノウンに、レジスタンス組織「ゴールデン・エイジ」を中心に各種族が抗う姿が描かれている。

現在、このセットに当てはまるエキスパンションは、

特定種族をフィーチャーし、無色が初登場した
新たに天使悪魔が登場。強力なビクトリーが収録された
アンノウン以外を種族に持つゼニスが登場しゼニスではない無色クリーチャー、新種族トライストーンが登場した
強力な進化ゼニスガーディアンが多数登場。エピソード2を締めくくる
の4つ。

覚醒編エピソード1サイキック・クリーチャーのプッシュが続いたため、このシリーズではデッキに入るクリーチャー、特にフィニッシャークラスのファッティに焦点が当たっている。

鬼丸「覇」ゼニスなど1枚で勝負が決まりかねないオーバースペックなカードが増えた事が特徴。そのため、それらの大型を出す為に使われた《ミラクルとミステリーの扉》《ホーガン・ブラスター》などのコスト踏み倒し呪文殿堂入りが目立つ。

また、このシリーズで誕生したデッキタイプは非常に多く、フィーチャーされた種族テーマは漫画やアニメで多くのキャラクターが使っている。

  • このセットよりビクトリーの仕様が変更。「≡V≡」をあしらった専用のホイルが施され、カードの各部が金メッキで装飾されている。
    同時にベリーレアMODE→CHANGEのホイル仕様も変更された。







参考