《天命の精霊ワガハイ・キャット》


天命の精霊ワガハイ・キャット P 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5500
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の、進化ではないコマンドを1体、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに裏向きにして加えてもよい。そうした場合、相手は自身のコマンドを1体選び、新しいシールドとしてシールドゾーンに裏向きにして加える。

DMX-11で登場したエンジェル・コマンド
cipで自分と相手のコマンドをそれぞれシールド埋める能力を持つ。
「他の」コマンドではないのでシールド送りにするクリーチャーはこのクリーチャーでも問題ない。

効果版の《銃神兵ディオライオス》のようなもので、6マナとやや重いが《ヘブンズ・ゲート》で出すこともでき、種族も優秀であるためそこまで気にならない。
任意効果であるため、状況によってはcipを使用しないのももちろんアリ。
除去範囲はコマンドとかなりピンポイント。それまでの環境では扱いにくかったが、コマンド・ドラゴン推しであるドラゴン・サーガにて、多くの切り札級カードをシールドに封じ込めることができる点で注目を集めた。あの《熱血星龍 ガイギンガ》ですらもエクストラターンを発動させずに安全に除去できるのは強みである。



  • 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」が名前の元ネタであると思われる。

収録セット


参考