※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DM-13 「聖拳編 第4弾 龍炎鳳神誕(エターナル・フェニックス)」



聖拳編最後のエキスパンション。2005年3月26日一般発売。全60種類。現在は絶版
テーマは対抗色多色。初めて対抗色多色カードが登場、収録されている多色カードはすべて対抗色である。
それらは聖拳編の3つの弾で既に出ている友好色多色カードに比べて全体的にアクの強い能力を持ったものが多く、単純にスペックが高くて使いやすいカードはそれほど多くない。
その分、コンボ用や新たな種族デッキを組みたくなるようなカードがありデッキ構築の幅は広がった。

特にフォイル多色クリーチャーには、種族参照でコストを下げる新能力シンパシー」を搭載しているものが多く、デッキコンセプトの中心にできるようなものが多数。

有名なカードとして、
などがある。


全体的に派手な強さを持つカードより、玄人好みの渋い強さを持つカードが多い。そんな中、聖拳編問題児プレミアム殿堂カードの一つである《炎槍と水剣の裁》と、青単速攻の一時代を築き上げた《パシフィック・チャンピオン》の存在は際だっていたと言える。




  • 同時に公開された映画の効果もあり、驚異的な売り上げを記録した商品。



収録カード

スーパーレア


ベリーレア


レア


アンコモン


コモン



参考