《真実の王 ヴィオラ・ソナタ》


真実の王(トゥルーキング) ヴィオラ・ソナタ SR 無色 (9)
クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン 12000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のクリーチャーを1体、破壊する。その後、進化ではないドラゴンを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー
自分の進化ではないドラゴンが破壊される時、墓地に置くかわりに、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに裏向きにして加える。

DMR-08で登場した無色キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン
cipで相手のクリーチャーを一体除去しつつ、墓地から非進化ドラゴンリアニメイトできる。さらに自分の非進化ドラゴンが破壊される時に置換効果によりシールドに送られる。

マナコストパワー能力を見ると《偽りの王 ヴィルヘルム》を彷彿とさせるスペック。向こうはランデスマナブーストができるが、こちらはcip非進化ドラゴンリアニメイトができる。

cip確定除去ができる強みは《狼虎サンダー・ブレード》《偽りの王 ヴィルヘルム》によって証明済みであり、堅実かつ確実にアドバンテージを奪える。
さらにパワー12000のT・ブレイカーが残るため、そのままアタッカーとしてシールドブレイクできる。

リアニメイトに関しては墓地肥やしの手間が必要であり、《ミステリー・キューブ》で大型を踏み倒していくようなデッキには腐りがちで採用されることは少ない。
反面、非進化ドラゴンならばマナコストを問わずに出せるので爆発力は高い。



同名カードでもいいので、《ヴィオラ・ソナタ》を連鎖的にリアニメイトすることもできる。最後に《永遠のリュウセイ・カイザー》《偽りの王 フォルテッシモ》でまとめてスピードアタッカーにし、一斉に攻撃するというプレイングも可能。

連ドラでは《超天星バルガライゾウ》との相性は特に良く、運が良ければライゾウのメテオバーンで墓地に落としたドラゴンをバトルゾーンに出すことができる。

置換効果によるシールド追加cipに比べると地味であり、オマケに近い。破壊された自分のドラゴン墓地にいかなくなるので、リアニメイトとの噛み合わせは悪いが、接戦の時には自爆特攻によってシールドを増やすことができるため、役に立つこともあるだろう。
強制なので、デュエル中はうっかり処理を忘れないように注意。

純粋なアドバンテージを稼ぎやすい《偽りの王 ヴィルヘルム》に比べると墓地肥やしが必要な分コンボ向きだが、こちらもデッキを組むに値するカードパワーを持つと言えるだろう。




  • 名前の由来は、西洋音楽における器楽曲のひとつである「ソナタ」と弦楽器の一種である「ヴィオラ」だろう。ちなみに、ヴィオラ曲にはソナタ形式の曲が多い。

  • フレーバーテキストの一節は、立憲君主制を敷くイギリス憲法の原則を表す"The King reigns, but does not govern"の和訳である。

フレーバーテキスト


収録セット


参考