《戦攻のイザナイ アカダシ》


戦攻のイザナイ アカダシ UC 水文明 (5)
クリーチャー:オラクル/アースイーター 3000
光臨-自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップされていれば、自分の山札を見る。その中からコスト7以下のアースイーターを1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

DMR-09で登場したオラクル/アースイーター
光臨により、コスト7以下のアースイーター1体をリクルートすることができる。
それはそれとして、よい出汁がとれそうだ。

《戦攻右神マッシヴ・アタック》のサポート役として登場したオラクルで、メインとなる呼び出し先もそちらとなるだろう。それはそれとして、よい出汁がとれそうだ。

《剛撃戦攻ドルゲーザ》《戦攻竜騎ドルボラン》と言った有力なアースイーターが8コストなのが悔やまれるが、サイキック・クリーチャーを呼び出せる《電流戦攻セブ・アルゴル》《次元院のヤヌス・クロウラー》や、呪文メタの《ガイアクラッシュ・クロウラー》など、7コスト以下には意外にも器用な動きができるクリーチャーは多い。今後のアースイーターの強化にも是非期待したい。それはそれとして、よい出汁がとれそうだ。

アースイーター種族デッキで使うならば《超戦攻賢者アギラ》進化しても良いだろう。それはそれとして、よい出汁がとれそうだ。

  • 「アカダシ」は、和歌山ではアカハタ(魚の一種)のことも指すが、フレーバーテキストから考えると、おそらくそちらではなく、赤味噌の関西での呼び名で、味噌汁としても知られる「赤だし」のことだと思われる。赤味噌を内蔵した魚介類ということだろうか。なるほど、よい出汁がとれそうだ。

サイクル

DMR-09光臨サイクル。同エキスパンションに収録されたゴッド・ノヴァ種族に対応している。それはそれとして、よい出汁がとれそうだ。

フレーバーテキスト

  • DMR-09
    イザナイの一部は、教養に従わせるために、最初は恐怖が必要と考え、凶悪なアースイーターを世界に放った。それはそれとして、よい出汁がとれそうだ。

収録セット


参考





フレーバーテキストでは背景ストーリーを語ると共に最後の「それはそれとして、よい出汁がとれそうだ。」という台詞がそれを見事にシュールにさせていて、人気を集めている。日常生活でもとりあえず語尾に付けてみてもよいかもしれない。公式でもアンケートにアカダシの名前があったりとネタにしているようである。それはそれとして、よい出汁がとれそうだ。