DM-06「闘魂編(インビンシブル・ソウル)第1弾」



初めて「闘魂編」のようにシリーズテーマが付いたエキスパンション。2003年6月26日発売、全120種類。現在は絶版。
タップ能力が初登場し、その他マッドネス山札破壊シールド焼却能力などの新システムや、基本セット5つで登場した多くのギミックを土台に様々なカードを収録した、総合的なエキスパンションとなっている。DM-01の全体のカードパワーを見直したリメイク版と言ってもいいかもしれない。

有名なカードとして、
などがある。

初心者に優しい再録カードや基本的なバニラカードと、新たな新機軸カードがバランス良く収録され、この弾はなかなかの人気を誇った。
特に主役級として扱われている《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の人気は高く、この後も多くの関連カードを生み出すことに。

複雑な効果を持ったカードも増えてデッキタイプに幅が生まれ、よりゲーム性も多様化。
特にライブラリアウトデッキの躍進は、DMメタゲームの歴史の中でも大きな出来事と言える。


  • 文明に2種類ずつ計10種類の新種族が追加。これでは10種類、他には9種類の種族が登場したことに。



収録カード

スーパーレア


ベリーレア


レア


アンコモン


コモン



参考