《トンギヌスの槍》


トンギヌスの槍 R 無色 (6)
呪文
アタック・チャンス-名前に《神(シェン)》を持つクリーチャー(自分の名前に《神(シェン)》を持つクリーチャーが攻撃する時、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい)
相手のカードを1枚、バトルゾーン、マナゾーン、またはシールドゾーンから選ぶ。バトルゾーンに自分の 《神聖牙 UK パンク》があれば、かわりにそれぞれのゾーンから1枚ずつ選ぶ。相手はその選んだカードを自身の山札の一番下に好きな順序で置く。

DMR-11で登場した無色アタック・チャンス呪文
《神(シェン)》に対応したアタック・チャンスと、バトルゾーンマナゾーンシールドゾーンから相手のカード1枚を選び山札の下に送る能力を持つ。

無色なのでどのデッキにでも入れられる。また、カード指定除去なので、クリーチャー除去ランデスシールド焼却に加えてクロスギアフォートレス対策にもなるという特長がある。

ランデスに関してはコストパフォーマンスが少々悪いので、それ以外のゾーンを狙うとよい。破壊ではなく山札の下に送るのでクリーチャーpig破壊置換効果を無視できる。状況に応じてクロスギアフォートレス除去でき、シールド焼却の対策までこなすため、汎用性は他の除去に比べて飛びぬけて高い。

更に《神聖牙 UK パンク》が存在していればそれぞれのゾーンから1枚づつ選択できるようになるため、ハイスペックを通り越してオーバースペックとなる。
このようにこの呪文1枚で様々なことが出来るが、6コストとそれなりに重く、取れるアドバンテージは基本的に1枚であり、必要な時に手札に来ないことも考えられるので過信は禁物である。

この呪文を核としたデッキを組むことも考えられる。
その場合は名前に《神聖牙 UK パンク》を指定した《名も無き神人類》を使うのが手っ取り早いだろう。そこに《邪眼右神ニューオーダー》リンクさせれば1回の攻撃で相手のカードをそれぞれのゾーンから合計6枚も削り取るという凶悪極まりない能力を発揮する。《紫電左神ヴィタリック》まで合わせればもはやオーバーキル感すら漂う一撃となる。


メタカードとしての汎用性は高いものの、普通に使うとS・トリガーの無い《デーモン・ハンド》と言ったスペックになりがちなため、スペックをフルに引き出せるようなデッキビルディングが大切だろう。



  • 2014/01/17の裁定変更に伴い、テキスト中における「カードを○○枚」の扱いが変更されたため、バトルゾーンシールドゾーンにおけるオブジェクトを指定し、移動を強要した場合、まるまるそのオブジェクト自体を移動させるのではなく、そのオブジェクトを構成するカードから直接カードを指定枚数選んで移動させることになった。詳しくは「カード指定除去」を参照。





  • 元ネタは、処刑されたイエス・キリストの生死を確かめる為に盲目のロンギヌスが突き刺した槍、通称「ロンギヌス(Longines)の槍」からだろう。フレーバーテキストも、「手に入れれば世界を支配できる」という後年に建てられた槍の伝説・伝承から。

関連カード



フレーバーテキスト


収録セット


参考