《精霊聖邪ライジング・サン》


精霊聖邪ライジング・サン P 光/闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ OMG/エンジェル・コマンド 6000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
自分の手札に加える、種族がゴッド・ノヴァ OMGのシールドカードはすべて、「S・トリガー」を得る。
W・ブレイカー
左G・リンク
このクリーチャーがリンクしている間、このクリーチャーはシールドをさらに1枚ブレイクする。


ゴッド・ノヴァ OMG版の《起源神レプトン》といった感じの能力で、《「黒幕」》《超神類 イズモ》といった重量級クリーチャーをも呼び出せるのが魅力。
S・トリガー召喚扱いなので両者の召喚時限定cip能力も問題なく発動することができる。
ゴッド・ノヴァ OMGシールド追加に優れており、《霊騎左神ロラパルーザ》《魔天聖邪ビッグディアウト》といったS・トリガーで出た場合でも効力を発揮するクリーチャーが存在しているのでシナジーは十分。というより元々これはデザイナーズコンボとして設計されているのだろう。

問題は少々コストが重く、速攻相手だと大した活躍もできぬまま敗北してしまう可能性が高いことだろうか。
自然マナブーストはもちろん、《真滅右神ラウドパーク》での墓地肥やしから《インフェルノ・サイン》等で素早くリアニメイトするなどして対策したい。
《真滅右神ラウドパーク》右G・リンク持ちなので、そのままリンクしてしまえばシステムクリーチャーの弱点である返しのターンでの除去にも1回耐えることができる。ただ、《トンギヌスの槍》で直接狙われた場合はその限りでは無いが。
場が整ってくればシールドを増やすことは容易なのでシールドが無くて効果を使えない、という心配は少ないだろう。



  • 名前の由来は、日本で開催されているロックイベント「ライジング・サン・ロックフェスティバル」からだろう。「EXILE」にも「Rising Sun」という曲があるが、アウトレイジではないので恐らく関係ないと思われる。

リンク対象


関連カード


フレーバーテキスト


収録セット


参考