《無法神類 G・イズモ》


無法神類 G(ゴッド)・イズモ  ≡V≡  光文明 (9)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァOMG 12000+
相手は、コスト5以下の呪文を唱えることができない。
T・ブレイカー
中央G・リンク(このクリーチャーまたは自分の他のゴッドをバトルゾーンに出す時、自分の好きな数のゴッドからカードを1枚ずつリンクを外してもよい。その後、このクリーチャーを、「右G・リンク」または「左G・リンク」を持つゴッドにリンクしてもよい)
このクリーチャーがカード3枚でリンクしていれば、リンクしているゴッドのカードはバトルゾーンを離れない。

DMR-12で登場したゴッド・ノヴァOMG

いままでの高レアリティの中央G・リンクに見られた召喚時の能力は持たず、その代わりとして相手のコスト5以下の呪文を唱えることを封じる能力となった。
《ドンドン吸い込むナウ》や5コストの超次元呪文を封じることができるのは言うまでもなく強力。

目玉は3体リンクした際の「バトルゾーンを離れない」という能力だろう。
バトルゾーンから離れるかわりにとどまる」(置換効果)ではなく「バトルゾーンから離れない」(継続的効果)なので、3体リンク状態のこのクリーチャーが存在する状況下で、リンクしているゴッド除去することは、いかなる手段を用いても不可能である。
そのため、3体リンクしたこのクリーチャーを場から離すには、《神撃の カツドン DASH》で一旦G・リンクを外した後に再びリンクされる前にこのカードを除去するか、《最終章 カツエンド》を出すかのどちらかである。だがどちらもこのカードピンポイントである為、採用率は低く、あってないようなものである。
ただしフリーズ《勝利のプリンプリン》等のロックによる時間稼ぎ、そして革命編で新たに登場した封印には無力なので過信は禁物。

ゴッド・ノヴァOMGは軽いクリーチャーが多い上、5コスト以下の呪文を唱えるのを封じる為、3体のリンクを完成させるのは容易。だがこのカードはコスト9なので出すまでに時間がかかってしまうのが難点。コストの重さは《プロジェクト・ゴッド》などの軽いゴッド踏み倒し呪文などで補いたいところ。召喚時の能力がない為気軽に踏み倒しできるのも嬉しい。

  • 「場を離れない」という能力は相手のリンクしているゴッドも対象となるので、相手がゴッドを使ってきた場合は要注意。





  • シークレットカードが存在し、赤いオーラを纏っているようなエフェクトの通常版に加え、放たれた銀色の拡散エフェクトによって「GOD」の文字が描かれているもの、紫色の無数の蛇を纏っているもの、金色の羽と光輪が描かれているものの3種類が存在し後者ほど当たりにくくなっている。

リンク対象


関連カード



収録セット


参考