《超閃機 ジャバジャック》


超閃機 ジャバジャック SR 水文明 (4)
進化クリーチャー:リキッド・ピープル閃 6000
進化-自分のリキッド・ピープル1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを4枚引いてもよい。そうした場合、自分の手札を2枚、好きな順序で山札の一番下に置く。
W・ブレイカー

DMR-12で登場したの新種族、リキッド・ピープル閃進化クリーチャー
cipドロー手札交換ができる。

コスト文明が似ている《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》と比較すると、どちらも出したターンに増やせる手札の枚数は2枚であり、あちらは居座って殴り続けることが出来ればさらにドローが可能な点、こちらは手札交換が出来《龍波動空母 エビデゴラス》龍解条件を一枚で満たせる点が優れている。

特に《龍波動空母 エビデゴラス》を呼び出すドラグナーリキッド・ピープル閃であるから、cipを使った《龍覇 M・A・S》などから流れるように進化し4打点を揃えることが可能。

コストが低く高パワーなことから、ビートダウン向けのスペックである。最近のこの手のカードは《超電磁コスモ・セブΛ》《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》《革命龍程式 シリンダ》など、進化元種族でなく文明指定のことが多かったが、これは種族のみを参照する。

などが挙げられる。

特に《アクア・エボリューター》からは綺麗に繋がり、《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》に匹敵する速度で継続的なビートダウンを仕掛けることが可能。リキッド・ピープルの新たなフィニッシャーとして十分な活躍が見込めるカードである。



  • 名前の由来はイギリス文学の、鏡の国のアリスに登場する怪物「ジャバウォック」だと思われる。

  • イラスト左側には「4」の数字が見受けられる。自身のコストが4であり、cipドローできる枚数も4枚だが何か関係があるのだろうか。


フレーバーテキスト

  • DMR-12
    大水晶のその力、その身に受けて、閃け!輝け!我らが超閃機 ジャバジャック!!

収録セット


参考