《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》


支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ P 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 7000
ブロッカー
このクリーチャーまたは自分のコスト3以下の光のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。そのクリーチャーは、次の相手のターンのはじめにアンタップされない。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

DMD-16で登場した新種族エンジェル・コマンド・ドラゴンを持つクリーチャー。
このクリーチャーまたは自分のコスト3以下の光のクリーチャーが出るたびに相手のクリーチャー1体をフリーズするcip任意能力を持つ。

自分のコスト3以下のあらゆる光クリーチャーが《束縛の守護者ユッパール》と同等の能力を持つ。毎ターンコスト3以下のクリーチャーを出し続けることができれば、相手クリーチャーを動きを封じて何もできなくさせられる。

普通に序盤を固めるウィニーブロッカーを利用しても良いが、特に相性が良いコスト3以下のクリーチャーは同じくDMD-16に収録されている《巡霊者ウェビウス》だろう。このクリーチャーはエンジェル・コマンドでもある為、コスト0でブロッカーを出しつつフリーズさせることができる。

当然、このクリーチャー除去されては話にならないので《ピュアキャット》《ポッピ・ラッキー》《剛力防機シュビルパンチ》《霊山の守護者ビックス》を出しておくといい。もちろん、これらのクリーチャーを出した時にもフリーズが可能。

相性のいいカードは多く、《ドラゴンズ・サイン》でのコスト踏み倒しも可能。専用デッキでは永続的に相手クリーチャーフリーズさせることができる強力なカードである。






  • 他のビギニングドラゴンの看板カードと違い背景ストーリーでの登場が多い。

  • 名前の由来は北欧神話の宮殿「ヴァルハラ(Walhalla)」であろう。


関連カード


収録セット


参考