《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》


不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ SR 光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 8000
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。そのクリーチャーは、次の相手のターンのはじめにアンタップされない。
W・ブレイカー
マナ武装 9:自分のマナゾーンに光のカードが9枚以上あれば、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝てない。

DMR-15で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン
cipで相手2体をフリーズさせ、マナ武装9で敗北回避能力が追加される。

《暴龍事変 ガイグレン》に続くマナ武装9持ちである。発動させれば何がなんでも負けない状態になるが、優秀なマナブーストカードが少ないでは狙って発動するのは難しい。その上自身には除去耐性がないので、耐性を付けなければあっさり除去されてしまうのがオチである。特に破壊手段が多いため、分が悪い。
だが相手も主軸のデッキである場合、このカードが強い。デッキ相手だとタップ&デストロイ以外では除去手段が少なく、泥試合になりがちでマナも溜まりがちなので、マナ武装も達成しやすい。

このクリーチャーがあればダイレクトアタック以外にもライブラリアウトを無効化するので、山札を警戒する必要もなくなるのは有難い。除去耐性は《百獣聖堂 レオサイユ》でつけてやるといいだろう。

マナ武装による負けない能力に目が行きがちだが、cipで2体フリーズさせるだけでも十分強い。2体タップといえばタップ機会が多い《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》を彷彿とさせる。それぞれメリットがあるのでうまく使い分けよう。


関連カード


収録セット


参考