《龍覇 セイントローズ》


龍覇 セイントローズ R 光文明 (7)
クリーチャー:ジャスティス・ウイング/ドラグナー 6500
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、光のコスト5以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
バトルゾーンに自分の光のドラグハートがあれば、このクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
W・ブレイカー

DMR-15で登場したジャスティス・ウイング/ドラグナー
cipドラグハートを呼び出し、そのドラグハートがあることでブロッカーとなる。

登場当時は《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》呼び出しの有力候補だったが、《ヘブンズ・ゲート》《ドラゴンズ・サイン》に対応しておらず早期の登場が難しいなど惜しい点が多く、そちらの呼び出し要員としての採用率はさほど高くなかった。

その後《真聖教会 エンドレス・ヘヴン》が登場すると、同じくそれを呼び出せるドラグナーである《真・龍覇 ヘブンズロージア》《次元龍覇 グレンモルト「覇」》と比べてデッキ構築を縛られないことから、主に入りのコントロールデッキにおいて《真聖教会 エンドレス・ヘヴン》の呼び出しのために採用されるようになった。
そちらを龍解させてフィニッシャーにするだけでなく、エンドレス・ヘヴンの能力で実質このクリーチャー破壊されるとシールドが増えるブロッカーとして運用できるため、相手がコントロールでもビートダウンでも腐りにくいという強みがある。

後に登場した《真・龍覇 ヘブンズロージア》は文明問わずコスト3以下のドラグハートが出せるようになり、種族にエンジェル・コマンド・ドラゴンが付いたことにより《ドラゴンズ・サイン》で踏み倒せるといったサポートを受けやすくなった。
ただしあちらはパワーが1000落ちたことによってW・ブレイカーを失い、ブロッカーが付与されなくなったせいで《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》龍解条件達成はやや難しくなっている為、《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》の呼び出し要員としては一長一短である。

  • 名前の由来はノンアルコールシャンパンの「セイントローズ」からか。

関連カード


収録セット


参考